BLOG 展覧会レポート

2017年09月06日

【展覧会レポート】森美術館「中国現代写真の現場――三影堂撮影芸術中心」

20-3.jpg

榮榮&映里《三影堂、北京2008年 No.20-3》2008年

現在、森美術館では「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」と合わせて、「MAMリサーチ005:中国現代写真の現場――三影堂撮影芸術中心」が開催されています。

MAMリサーチとは、アジアの現代美術を中心に特定の作家や動向に着目し、歴史的・社会的な文脈とともに考える資料展示です。作品を鑑賞するだけではなく、それが生まれた背景についてじっくりと理解を深めることができます。

続きを読む...

2017年09月01日

【展覧会レポート】東京ミッドタウン・デザインハブ 「第68回企画展 JAGDA 学生グランプリ2017」

IMG_0013.JPG

現在、東京ミッドタウン・デザインハブでは、「第68回企画展 JAGDA 学生グランプリ2017」が開催されています。展示されている作品は、年に1回、年齢や学年を超え、すべての学生作品の中から最優秀作品を選出するポスターコンペティション「JAGDA学生グランプリ」で入選した129作品。年齢問わず、日本国内の高校、各種専門学校、大学、大学院に在籍している生徒・学生に応募資格があります。

続きを読む...

2017年08月18日

【展覧会レポート】サントリー美術館「六本木会館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド2017」

main.jpg

みなさんは、日本美術にどのようなイメージを持っていますか。「とっつきにくい」「むずかしそう」、と敬遠している方もいらっしゃるでしょうか。そんな日本美術を、子どもから大人まで誰にでも楽しんでもらえるように工夫して展示しているのが、東京ミッドタウンのサントリー美術館で現在開催されている「おもしろびじゅつワンダーランド2017」です。

この展覧会のコンセプトは、日本美術をからだ全体で体験・体感すること。様々なデジタル技術や舞台装置を通して、作品の世界に入り込むことができます。

続きを読む...

2017年08月02日

【展覧会レポート】「INTERFACE -写真家・東松照明を見る-」

170802_blog01.jpg

現在、東京ミッドタウンにある、FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館では、企画写真展「INTERFACE -写真家・東松照明を見る-」が開催されています。東松照明は戦後日本を代表する写真家の一人で、国内外を問わず写真界に大きな影響を与えてきました。
東松は60年代末から長崎や沖縄を撮影し、社会的なテーマに焦点を当ててきましたが、1986年に心臓バイパス手術を受けたことをきっかけに生命力に関心を持つようになりました。今回展示されている作品は1986年以降のもので、手術前の東松とは異なる視点が映し出されています。

続きを読む...

2017年07月31日

【展示会レポート】森アーツセンターギャラリー「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊〜1980年代、伝説のはじまり」

20170731_blog_01.jpg

1968年に創刊された「少年ジャンプ」は、来年50周年を迎えます。これを記念して、森アーツセンターギャラリーでは「週刊少年ジャンプ展」が、全3回に渡って開催。第1弾として、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」を掲げ、黎明期から急成長の80年代を支えた作品をバラエティ豊かに紹介しています。原画をはじめ、グッズや映像などを通して各人気作品を紹介している今回の展覧会。その様子をお届けします。

続きを読む...

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11