BLOG

2017年12月20日

【読者プレゼント】国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の観覧チケットを5組10名様にプレゼント!

今回は「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の観覧チケットをプレゼントいたします!

1220_main-thumb-autox410-9773.png


スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレは、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。主に16世紀オランダ派から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、これらの作品は全て彼一人が集め、コレクションはチューリヒにある邸宅の隣の別棟に飾られました。


ビュールレの死後、別棟は美術館として一般公開されましたが、スイス国外にコレクションがまとまって公開されたのは過去に数回のみ。2008年に起きた絵画盗難事件以来、一般公開が規制され、2020年にはチューリヒ美術館に全コレクションが移管されることになりました。そして今回コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現します。


ドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ...「この絵はビュールレ・コレクションにあったのか!」と驚く、名高い作家たちの出品作品約60点の半数は日本初公開となります。


なかでも、モネの代表作の一つ、高さ2メートル×幅4メートルの大作《睡蓮の池、緑の反映》を見ることができるのも見どころの一つ。これまでスイス国外には一度も出たことがない作品を日本で見ることができます。


極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクションの魅力のすべてを、ぜひご堪能ください。

ご応募お待ちしています。



【応募要項】
当選者数:5組10名様
応募締め切り:1月9日(火)
プレゼント内容:「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」観覧チケット

※プレゼント観覧チケットを下記対象展覧会にてご利用の方は観覧料は必要ございません。
※当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※当選に関するお問合せにはお答えすることができません。
※ご応募はお一人につき一回に限ります。
※プレゼントは応募フォームでご入力いただく住所へ郵送させていただきます。



【information】
「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
会期:2018年2月14日(水)~ 5月7日(月)
開館時間:10:00~18:00
※毎週金曜日、土曜日は20:00まで
※4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
※5月1日(火)は除く
会場:国立新美術館 企画展示室1E
公式サイト(URLをクリックすると外部サイトへ移動します):
http://www.buehrle2018.jp/
観覧料:当日一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料 ほか

※こちらのプレゼントの募集は終了いたしました

関連ブログ