PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#17 「六本のアートの木」Vol.1 木の木 by PARTY NY 川村真司 PROJECT REPORT

メイン1

update_2018.8.29 / photo_yuji arakawa / text_momoko kawano

2018 年7月30日、小山薫堂さんのクリエイターインタビューで出たアイデアを実現した「六本のアートの木」の記念すべき1本目が六本木の街にお目見え。東京ミッドタウンに突如として登場した「アートの木」を手がけたのは、PARTY NYクリエイティブディレクター・川村真司さん。いったいどのような木を考案したのでしょうか? そこには、デジタル・アナログに縛られない自由なアイデアがありました。

六本木に6本のアートの木を。口火を切った3つの案。

 放送作家・脚本家の小山薫堂さんが2012年のクリエイターインタビューで発案した、六本木に6本のアートの木を植える、「六本のアートの木」プロジェクト。ウェブマガジン六本木未来会議が、2018年6月6日に6周年を迎えたことを記念して、プロジェクトの実施が決まりました。小山さんは、今年あらためて行ったインタビューで、「自分ひとりで考えた木を植えていくのではなく、それぞれのプロフェッショナルと六本木未来会議で『この木にしましょう』『コンセプトはこうしましょう』と検討して、企画にふさわしい木や植える場所を専門家と話し合いながら決めていくのが一番いいのでは」と話してくれました。

 そこで、6本の木の1本目は、PARTY NYクリエイティブディレクターの川村真司さんに、アートの木のアイデアを出してもらい、専門家チームとともに植樹までを実現しました。

「六本木未来会議の6周年を機に街に『六本のアートの木』を植える――その1本目となる木は、渋谷のモヤイやハチ公のような、街に愛されるモニュメントになるものがいいなと思ったんです。木が待ち合わせの場所になったり、その前で写真撮影されてSNSでシェアされたり、長く残って愛されるものにしたい。そんな想いを抱きつつ、デジタルテクノロジーの要素を入れられないかという要望もいただいていたので、それも含めて直球から変化球まで趣向の異なる3案をプレゼンしました」と川村さん。

 1案目は、「木の形の木」。「木」という漢字の形をした木の案です。

「トピアリーという技法を使って、漢字の『木』の形をした木を植えるといううド直球の案です(笑)。一見冗談みたいですが、誰がどう見ても『木』なので、誰も否定できない強さがある。『あの"木"の前で待ち合わせね』と利用してもらう姿が、目に浮かぶのがいいなと思いました。それに、『木』という字は自然の造形から生まれて漢字になったもの。それをもう一回本物の『木』に戻してあげることで、テクノロジーの発展とともに、すごい速さで進化していくコミュニケーションをひっくり返すようなおもしろさがあります。前述の通り、今回6本の木のうちの1本目なので、シンプルで力強くて名所になるようなものがいいかなと思って提案しました」

 2案目は、「ROBOTREE(ロボツリー)」。木をタイヤのついた鉢に植え、木の電気信号を解析しながら六本木中を自走させるという案です。

「木は木でも、六本木のマスコットになる木。自分で日の光を求めて移動したり、水をくれる人のエリアへ走っていったりできるといいなと構想しました。走っている気を見かけて『あ! 木だ!』とみんなが楽しめるような、野良猫ならぬ"野良ツリー"。しかし、技術的にはつくれるのだけれど公道を走るのは危ないなどなど、いろいろ理由があって断念しました」

 3案目は、「S"TREE"MING(ストリーミング)」。高さ20メートルほどの巨大な8Kモニターを立てて、世界の別の場所にあるさまざまな巨木を実寸サイズでLIVE中継するという案です。

「六本木にいながら世界中に存在するアイコニックな木をリアルタイムで見られるテレプレゼンス的なアイデアです。この案は、その場にリアルな木はないけれど、世界のどこかにある生の木の生長を追うことで、六本木から世界につながるアイデアでした。デジタルだけれど本物の木の持つリアリティも体感できるというハイブリッドな企画で、実現できたらおもしろかったのですが、予算を大幅にオーバーしてしまいこちらも諦めました」

 最終的に決定したのは、1案目の「木の形の木」。川村さんは「目的に合った一番ストレートな案を選ばれて、実はちょっと安心しました(笑)。自分でも気に入っていたアイデアだったのでよかったです」と話しました。

INTERVIEW