PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#15 「六本木、旅する美術教室」 第2回 コピーライター梅田悟司のメディアアートの見方【前編】

project_15_2_main1.jpg

update_2018.3.14 / photo_yuta nishida / text_ikuko hyodo

六本木の美術館やギャラリーを舞台に繰り広げられる「六本木、旅する美術教室」。アートディレクター尾原史和さんインタビューで語った「アートの受け手側の"考える力"は、教育的なところから変えていくべき」という提案を実現するべく、クリエイターやアーティストのみなさんから、その人ならではの、美術館やアートの楽しみ方を教えていただきます。


第2回の舞台となったのは、今年で6回目を迎えたテクノロジーアートの祭典『Media Ambition Tokyo(MAT)』。コピーライターの梅田悟司さんをお招きして、MAT2018実行委員会の杉山央(すぎやま・おう)さんと浜田具(はまだ・とも)さんにガイドをしていただきながら、今回の教室は一般の方も参加できるツアー形式にて開催しました。近年盛り上がっているメディアアートは、一体どんなふうに楽しめばよいのでしょう。

後編はこちら
project_15_2_sub03-1.jpg

体験型の作品で、まずはハードルを下げてみる。

VODY / Rhizomatiks(Rhizomatiks / TOYOTA BOSHOKU CORPORATION) 775111815KN079_Media_Ambiti.jpg

Photo by Koki Nagahama /
2018 Getty Images for Media Ambition Tokyo

 第2回目となる「六本木、旅する美術教室」の舞台となった『Media Ambition Tokyo(MAT)』は、最先端の技術とアイデアが結合するテクノロジーアートの祭典。都内各所で多彩なプログラムが展開されるなか、そのメイン会場である六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで、 "授業"が始まりました。

 最初に迎えてくれたのは、遊園地のアトラクションかと思うほどインパクトのある、流線型の乗り物。ライゾマティクスの作品『VODY』について、ガイド役のMAT2018実行委員会の杉山央さんと浜田具さんが、解説してくれました。

杉山央 人間が機械に合わせるのではなく、人間を中心にクルマをつくったらどうなるかという、未来のクルマのコンセプトモデルです。実際に乗って体験する作品なのですが、座ったときに呼吸や背骨の形などをセンシングして、その人の体型や気分に合わせてシートの形状が変化します。

浜田具 人間とクルマの新たな関係性を再構築している作品なので、その辺りを意識して乗ってみてください。

 試乗をして、梅田悟司さんは早くもメディアアートに対するイメージが変わった様子。

梅田悟司 「人間を中心に」という意味が、乗ってみてわかりました。メディアアートは最先端の複雑なものを、傍観者的に受け取るイメージが強かったのですが、この作品は体験することで理解が深まるいい例ですね。いきなりハードルが下がった気がします(笑)。

 会場からは「自分の体にシートが合わせてくれるので、長時間座っていても疲れを感じなさそう。疲労が原因の交通事故が減るかもしれませんね」と、未来を想像した感想もありました。

【メディアアートの見方#1】
傍観者にならず、積極的にメディアアートを体験する。

最先端のテクノロジーだけが、メディアアートではあらず!?

Montagne, cent quatorze mille polygones / Joanie Lemercier 775111815KN027_Media_Ambiti.jpg

Photo by Koki Nagahama /
2018 Getty Images for Media Ambition Tokyo

 一行は暗幕で覆われたスペースへ。フランスのビジュアルアーティスト、ジョアニー・ルメルシエの作品『MONTAGNE, CENT QUATORZE MILLE POLYGONES』は、高さ3m、幅10mほどの壁面に、立体的でダイナミックなモノクロの山々が映し出されています。

浜田 これはプロジェクションマッピングの作品で、離れたところから見ると光や風、奥行きも感じられて本物の山みたいですが、実際は平面にポリゴンメッシュが描かれているだけなんです。

 と言われても、平面だとはにわかに信じられず、壁を触って確認する人も。      

梅田 これはどういう技術を使っているのでしょう。ときどきピカッと光る部分も、全部計算してマッピングしているんですよね?

杉山 そうですね。三次元の空間をコンピューターのなかで再現して、シュミレーションしたものを映像化しているんです。

梅田 二次元の絵では表現できない、"ザ・メディアアート"といった感じの作品ですね。

 続いては、展望台の窓ガラスの前に、板状の透明なレンズが吊るされている作品で、「これもメディアアート!?」と思ってしまうくらいシンプルな佇まい。レンズ越しの風景は、なぜか天地が逆になっていて、本来は眼下に広がっているはずの街並みが上に、晴天の空が下に見えています。

Morpho Scenery / 落合陽一 _JA_3096.jpg

Photo by YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

浜田 落合陽一さんの『Morpho Scenery』という作品です。目線の高さや角度によって、風景が歪んだりして見え方が変わるので、好きな位置から見てください。

杉山 この作品のおもしろいところは、テクノロジーによって、鑑賞する人の見方を変えることで新しい視点を提供しているところです。

梅田 新しい芸術との出会いは、新しい感情との出会いにつながっていると僕は常に思っていて、作品を前にしてこの感情は何なのか考えることで、世の中の見え方が変わってくると思うんです。だからアーティストの制作意図は一旦横に置いて、自分なりに理解したうえで解説を読むと、深度が増す気がします。

【メディアアートの見方#2】
制作意図は一旦横に置き、自分なりに理解してみる。

RELATED ARTICLE