PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#04 森の学校 by 六本木未来会議 PROJECT REPORT【前編】

cd7890f8646f61ea4a1091c277aceba4246a4ec7.jpg

update_2017.10.18 / photo_yuta nishida / text_ikuko hyodo

「六本木アートナイト 2017」で2年ぶりに復活した「森の学校」。今回は、9月30日(土)の昼と夜、2回に分けて青空(星空)教室を実施。昼の授業ではAR三兄弟の川田十夢さんが、そして夜の授業ではメディアアーティストの落合陽一さんが講師として登場しました。両名の個性が存分に表れた、貴重な講義の内容をレポートします。

後編はこちら

森の学校_仮002.jpg

頭に浮かんだ疑問符をひもといて、都市伝説を作ろう。
〈妖怪〉AR三兄弟 川田十夢先生

会場となった東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデンに隣接する芝生広場で昼の授業(13:00~14:30)の講師を担当するのは、AR三兄弟の川田十夢さん。早々に来場し、黒板に何やら黙々と描き始めました。今回の講義テーマは「アート×物語×テクノロジーは都市伝説とどう付き合っているのか ~あなたの心の妖怪を引きずり出します Augmented Reality~」。

過去に登場したクリエイターインタビューでも、AR(拡張現実)を妖怪に見立てて解説してくれた川田さん。心の妖怪を引きずり出すとはどういうことなのか、怖いけど見てみたいような......早くも期待が高まります。

森の学校_仮074.jpg

妖怪は人間にとって根拠のあるものばかり。

昼の部らしく、親子で参加している方もチラホラ。妖怪というキーワードは子どもにもやはりキャッチーなようで、川田さんが黒板に描いたジバニャン(『妖怪ウォッチ』のキャラクター)の似顔絵に反応する姿が。

「今日はみんなに自分だけの妖怪を作ってもらい、それが機能する物語を考えてもらいます。しかも今日できた妖怪をARで再現して、来年の六本木アートナイトで展示できたらいいなと思っています」

思いがけない提案にざわつく参加者のみなさん。

「僕の本業は開発者ですが、なぜ妖怪にこだわっているかというと、たとえばこういうステキな場所で急に風がピタリと止まったら、誰かのしわざじゃないかと想像することが昔から好きなんです。その象徴が、妖怪と呼ばれるものであるような気がして」

『古事記』や『日本書紀』にも妖怪の類は出てきますが、昔ながらの妖怪とされる鬼もヤマタノオロチもカッパも、人間にとって何かしらの根拠があって形になっているようなものばかり。それらが周りに及ぼす影響を考えていくと、ひとつの物語ができあがるのだと川田さんは説明します。

日常で何気なく感じる疑問符を振り返ってみる。

妖怪づくりは、同じテーブルに座り合わせた5、6人がチームで行うことに。テーブル内で自己紹介をしたあと、早速お題が与えられました。

「ここ3日間くらいで、頭に浮かんだ疑問符を書き上げてみてください」

森の学校_仮184.jpg

日本の民俗学者の分類によると、妖怪には大きくふたつの種類があるそう。ひとつは「どうしてこんなことが起こるんだろう。これは◯◯のしわざなんじゃないか」と疑ってしまうような、人間の介在していないところで起こる、原因が解明されていないことをする妖怪。もうひとつは「私はどうしてこんなことをしたんだろう」と自分自身が不思議に思ってしまうような、人の行為に作用する妖怪。日常で何気なく感じているこうした「?」を振り返り、ひとつひとつ書き出していきます。

手始めに川田さんが、ユニークな例をあげてくれました。「学校や会社で思わず言ってしまう、『昨日寝てなくてさぁ』というセリフ。本当は結構寝ているにもかかわらず、ついそんなことを口にするのは、時間にまつわる妖怪のしわざと考えると納得がいきます。そば屋さんが出前を急かされると『今出たところです』と言いがちなのも、同じく時間の妖怪が関係している可能性が......」

森の学校_仮019.jpg

これをきっかけに、日常に潜むさまざまな疑問が生まれました。たとえばある女性は、「私たちのチーム全員が経験しているのですが」と前置きして、こんな疑問を告白。

「洗濯物を取り込んだり、しまったりするときになぜか靴下が片方だけなくなっていて、気がつくとまた揃っていたりするんです」

森の学校_仮129.jpg

小学生の男の子はふたつの疑問を発表。
「ひとつ目は、テストの前にしっかり勉強したのに、本番になるとすぐに忘れてしまうこと。もうひとつは、好きな人ができるとなんで24時間ずっと楽しくなるのかなということです」

「まだ妖怪が登場してないのに、グッと来ちゃった!」と目を細める川田さん。

INTERVIEW