PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#04 森の学校 by 六本木未来会議 PROJECT REPORT【後編】

int_ochiai_main03.jpg

update_2017.10.25 / photo_yuta nishida / text_ikuko hyodo

「六本木アートナイト 2017」で2年ぶりに復活した「森の学校」。今回は、9月30日(土)の昼と夜、2回に分けて青空(星空)教室を実施。昼の授業ではAR三兄弟の川田十夢さんが、そして夜の授業ではメディアアーティストの落合陽一さんが講師として登場しました。両名の個性が存分に表れた、貴重な講義の内容をレポートします。

前編はこちら

1017_morinogakko_01.jpg

人に対する感情を言葉にして、見えてくること。
〈愛憎〉メディアアーティスト 落合陽一先生

六本木アートナイトもコアタイムに突入。夜の部の講師の落合陽一さんが登場します。黒板にウェブサービス『sli.do(スライ・ドゥー)』のURLを書き込み、スマートフォンを持っている人はこのサイトにアクセスするよう促しました。今晩の講義は、ここで質問のやり取りが行われるようです。

1017_morinogakko_02.jpg

今回の授業のタイトルは「愛憎」。「アート×デザイン×テクノロジーは資本主義とどう付き合っているのか ~あなたの心の愛と憎しみを引き出します Love & Hate~」と落合さんは名付けました。「愛憎」をテーマに選んだきっかけのひとつに、メディアアートに関わる人たちの"仲の悪さ"があったそう。ひとことで"メディアアート"と言っても、その内容は多岐にわたりますが、世間的にはひと括りにされていることが仲を悪くしている原因なのだと落合さんは話します。仲が悪いということは、多かれ少なかれ「憎」の感情が存在するわけですが、今日のワークショップのポイントになるのが、まさにこの負の感情。

1017_morinogakko_03.jpg

愛憎をうまく融合させると、物事が楽しく回る!?

「僕は学生の頃、テオ・ヤンセンが好きで、アンディ・ウォーホルが嫌いでした。テオ・ヤンセンを好きな理由は、ネイチャーなもののなかにエンジニアリングをぶち込んでいるように見せながら、活動そのものが極めてアート的だったから。アンディ・ウォーホルが嫌いだったのは、『お金を稼ぐことは芸術。働くことも芸術。うまくいってるビジネスは最高のアートだよ』っていう彼の言葉があるんですけど、作品を作ってねえじゃん! と思っていたからです」

1017_morinogakko_04.jpg

しかしその後、落合さんのなかでテオ・ヤンセンとアンディ・ウォーホルが和解することに。

「つまり資金をうまく回しつつ、エンジニアリングアートを志向するような手の動く作家になりたいっていうのが、今の僕の目標。愛憎をうまく融合させると、物事が楽しく回るようになるんじゃないかっていうのが、今日のワークショップの目的のひとつです。では実際にワークしていきましょう」

1017_morinogakko_05.jpg

なぜその作家が好き、あるいは嫌いなのか。

受講者が匿名で質問をアップすることや、スレッドに投稿できるサービス『sli.do』に、落合さんが質問が投げかけます。お客さんはみなスマートフォン片手に、リアルタイムに更新される落合さんからの質問に答えを書き込んでいく、という仕組みです。まずは落合さんからの質問。

〈Q1 好きな作家を1人あげて(理由と一緒に)〉

リアルタイムに寄せられたコメントを落合さんが読みあげていきます。早速あがってきた回答を一部紹介しましょう(/の後は理由)。

〈バンクシー/社会批評性とドキュメンタリー性が好き 秋元康/人の成長を演劇みたいに見せるから チームラボ/世界の見方を変えたいという思いに共感 山中俊治/熱くてドライな感じが好き〉

あっという間に60以上の回答が集まりました。間髪をいれず続いての質問です。

〈Q2 嫌いな作家を1人あげて(理由と一緒に)〉

お客さんから一瞬戸惑ったような空気を感じますが、徐々にコメントが増えていきます。これも落合さんは読みあげていきます。

〈ピカソ/意味がわからない 夏目漱石/じれったい 岡本太郎/何が爆発だ? ティム・バートン/ゴシック趣味に馴染めない ゴーギャン/暗い〉

「好きも嫌いも、今出てきた理由はなんとなく直感的ですが、これらを深掘りしていくと非常におもしろいことができるんです」

1017_morinogakko_06.jpg

そして「アーティストステイトメントを作ろう」と黒板に書き出しました。

「アーティストは通常、作品に対する思いや自分の立脚点などを記したアーティストステイトメントを、展覧会の前に書いたりします。つまり自分はどういうコンテクストの人間で、どういうことをするために作品を生み出しているのかを考えるのは、とても基本的なアプローチだ、ということに気づくのではないでしょうか」

INTERVIEW