72 西畠清順(プラントハンター)後編

西畠清順(プラントハンター)

「ひとの心に植物を植える」をテーマに、世界中で植物にまつわるプロジェクトを手がける、そら植物園 代表で、通称"プラントハンター"の西畠清順さん。「六本木アートナイト2016」では、名和晃平さんとともに、六本木の街に文化の夜明けを象徴する「森」を出現させます。清順さん曰く「未来を考えるのは植物を考えることと同じ」。その理由とは?

前編はこちら

update_2016.10.12 / photo_ryoma suzuki / text_kentaro inoue

注目すべき「緑の街」は、ポートランドとシンガポール。

 植物の街という観点でいえば、注目すべきなのはポートランド。日本では、葉っぱが落ちて苦情がくるということで、つんつるてんになった街路樹をよく見ますけど、ポートランドの街路樹は、道路をまたいでとなりの公園まで枝を広げていて、すごく気持ちがいい。

 これは、指定業者がルーティンの管理をしている今のシステムが崩れない限り変わらないでしょう。東京では、オリンピック・パラリンピックが決まったことで、街路樹をできるだけ剪定せず、日陰をつくろうという動きがあるそうです。でも、それってふだんの剪定の仕方は間違っているって認めているようなもの。毎年たくさんの人が熱射病になっているんですから、緑で街を覆ったら全然違うのに。

待っている人に植物を届ける、それがプラントハンター。

Blossom Beats
2016年3月、シンガポールの植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」で行われた、日本の春の花をテーマにしたイベント。巨大な温室「フラワー・ドーム」に、20種類以上の桜のほか、桃の花などを展示。世界中でニュースとなり、週末だけで2万人もの来場者を集めた。

 もうひとつはシンガポール。建国の父リー・クアンユーが、独立したばかりでお金もなかった時代に、「この国を緑の国にするんだ」と言って、世界中からいろんな植物を集めて植えまくりました。それが国土を覆って「ガーデン大国」と呼ばれるまでになったし、実際温度も下がっているらしいんです。当時は誰もついていけなかったみたいですが、先見の明がある方だなあ、と。

 大きくなりすぎてしまった枝はバイオマスにして、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」という巨大植物園の冷暖房エネルギーとして使っています。2016年は、シンガポールと日本の国交50周年ということで、政府悲願の花見のイベントをやりたいって頼まれて、日本中から大量に桜を集めて開花調整して輸出し、見事に花を咲かせました。そうしたら、とんでもない数の人がやってきて。なんと、リー・シェンロン首相までお越しになったそうです。

 この桜もそうですが、世界には、行きどころがなくて困っている木がたくさんあるんです。そのままだったら日の目を見ない木を、待っている人たちに届ける。それがプラントハンター。農家は潤い、クライアントは喜び、見にきたお客さんもハッピーになる。これが僕らの仕事の醍醐味なんですね。

アートを通して「植物っていいな」と感じてもらいたい。

六本木アートナイト2016
2016年10月21日(金)〜23(日)まで開催。メインプログラムでは、名和晃平氏が、西畠氏、風船を使った造形ユニット「デイジーバルーン」とコラボ。六本木ヒルズアリーナのほか、東京ミッドタウン、国立新美術館の3ヵ所に、文化の夜明けを象徴する森を出現させる。

「六本木アートナイト2016」では、名和晃平さんとコラボをさせてもらいますが、それも同じで、植物を使って何かやりたいというオーダーに、全力で応えるだけ。最初は「秋に、六本木で桜を咲かせてほしい」という相談だったんですよ。それが、話を聞いているうちに、世界を旅した鹿が六本木にたどり着いたっていう設定に変わっていきました。

 世界の植物でできた森の中に、突如現れるエーテルと鹿は象徴的。なにより、たった2日間のイベントのために森をつくるなんてでかい話が、2人のケータイのメール何回かで決まっちゃったのがすごい(笑)。

 もちろん、僕らは植物屋なので、お客さんのところに植物を届けるのが仕事。でも、そういう機会を通して、「植物っていいな」と感じてもらうのが"魂胆"なんです。その魅力を誰かに伝えるときに、アートという手段はとても有効。僕はアートについてはまったくわからなかったんですが、35歳になってようやく面白いなと感じはじめました。