クリエイタープロフィール

1984年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。美術家。2009年多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン研究領域修了。デジタルメディアを基盤に、行為の主体を自律型装置や外的要因に委ねることで人間の身体性を焙り出し、表現の主体性の問う作品を多く制作する。
文化庁メディア芸術祭アート部門において第15回では「SENSELESS DRAWING BOT」が新人賞、第21回には「Avatars」で優秀賞を受賞(共に菅野創との共同制作)。2013年、新進芸術家海外研修制度に採択され、バルセロナとベルリンに滞在。2015年から東京と京都を拠点に活動。近年の主な展覧会に「札幌国際芸術祭2014」(チ・カ・ホ、14年)、「オープン・スペース2015」(NTTインターコミュニケーションセンター [ICC]、15年)「あいちトリエンナーレ2016」(愛知県美術館愛知、16年)、「Vanishing Mesh」(山口情報芸術センター [YCAM]、17年)、「DOMANI・明日展」(東京、18年)などがある。

最新記事を見る

WORKS 代表作品

《「落書き」のための装置》 2011
《SENSELESS DRAWING BOT》 2011
共同制作者:菅野 創
撮影:山上 洋平
《Meta Vandalism #1》 2014
撮影:荻原 楽太郎
《カーゴ・カルト》 2015
共同制作者:石毛 健太
撮影:持田 寛太
《Examples: Objects》 2016
撮影:竹久 直樹
《Examples: Motif》 2016
撮影:荻原 楽太郎
《Avatars》 2017
共同制作者:菅野 創、YCAM Inter Lab
《現代の鑑賞者》 2018
撮影:荻原楽太郎

RELATED ARTICLE