クリエイタープロフィール

1940年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、ライトパブリシテイを経て、1975年浅葉克己デザイン室を設立。アートディレクターとして、日本の広告史に残る数多くの名作ポスター、コマーシャルを制作する。1987年東京タイプディレクターズクラブ(東京TDC)を設立。代表的な作品に、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」、武田薬品「アリナミンA」、長野オリンピック公式ポスター、ミサワホーム「ミサワ デザイン バウハウス」、民主党ロゴマークなど。東京造形大学・京都精華大学客員教授。桑沢デザイン研究所所長。東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、AGI(国際グラフィック連盟)日本代表、デザインアソシエーション会長。日本卓球協会評議員、卓球六段。東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞など受賞歴多数、2002年紫綬褒章受章。2008年「祈りの痕跡。」展を開催。同展の空間デザインと出品作「浅葉克己日記」で二度目の東京ADC賞グランプリを受賞。2013年春の叙勲で文化芸術部門において旭日小綬章を授章。

最新記事を見る

WORKS 代表作品

「野菜シリーズ」
キューピーマヨネーズ
「サントリーオールド/夢街道」
サントリー
「おいしい生活」
西武百貨店
「TDKビデオテープ/イマ人を刺激する」
TDK
「WATER FOR LIFE/コップ一杯の水」
JAGDA
「ミサワ デザイン 2011 バウハウス/パウル・クレー」
ミサワホーム
「きゃりーぱみゅぱみゅに捧ぐ」
にほんごっ子
「生き続ける墨と書」
台湾・妙法自然展

INTERVIEW