PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07 六本木未来大学 by 水野学【前編】

水野学(アートディレクター)

update_2015.6.17 / photo_ tsukao / text_kentaro inoue

必要なのは、本物のクリエイティブディレクターを養成する学校。

2012年、六本木未来会議の記念すべき第1回目のクリエイターインタビューで、水野学さんが語った構想が、アイデア実現プロジェクトの第7弾としてスタートしました。「美術大学そのものをこの場所(六本木)に呼び込む」というアイデアは、4年の時をへて、どんな企画となるのでしょうか。その具体的なイメージや方向性を、水野さんに語ってもらいました。

「松下村塾」や「トキワ荘」のデザイン版をつくりたい。

「イメージしているのは、幕末に吉田松陰が開いていた松下村塾。その美術版、いやデザイン版なんですよね。大学自体を持ってくるのではなくて、デザイン塾というか、クリエイティブの学校を開くような......」

 そもそも、デザイナーやアーティストなどクリエイターだけでなく、ありとあらゆる人がクリエイティブを学ぶべきだというのが、インタビュー当時から変わらない、水野さんの考え方。

「とくに同じような才能を持った同世代の人たちがひとつの箱の中で、ともに切磋琢磨することで、何かが生まれる。僕は『トキワ荘効果』というのを提唱していているんですが、藤子不二雄をはじめ有名な漫画家が集まっていたトキワ荘は、まさに松下村塾とイコール。今、慶應大学のSFCで教えていて感じるのは、普通の大学と美術大学の間に接点がないということ。若手のデザインまわりの人たちがごっちゃになって集まれる場所をつくってあげる、その拠点が六本木にあったらいいんじゃないかと」

美術やデザインには、言語化できることがもっといっぱいある。

「あるテレビのクイズ番組で、ムンクとピカソ、シャガールの3枚の絵を見分けるという問題があって、雑学王の芸能人たちもそれに答えられないんです。他のジャンルの問題はもっとずっとマニアックなのに、美術の問題だけが初級編。まさに、美術やデザインを取り巻く状況を象徴していますよね」

 つまり、美術やデザインに、多くの人がコンプレックスを持っているということ。みんなの知識が欠如している結果、まるでブラックボックスに入れられたような状態になっているのです。

「ウチのデザイナーだって、ピカソって何がすごいのって聞いたら答えられないかもしれません。他にも、人間の目はカメラのレンズでいうと50~70mm、でももうちょっと広角のほうが気持ちよく感じるのはなぜか、とか。いい写真の基準は絶対にあるはずなのに、それを学校で教えている人がいるっていうのは聞いたことがない。美術やデザインには、言語化できることがもっといっぱいあるはずなのに」

何かをつくる行為は、すべてデザイン。

「何かをつくる行為というのは、すべてデザインだと思うんです。『デザインする』とは言うけれど、『美術する』とは言わないでしょう? たとえば絵を描くときも、あれはデザインをしているのであって、美術はしていない。できあがったものに芸術的価値がついて美術と呼ばれるだけで、つくる工程自体はデザインなんですよね」

 なぜ、こうした「デザイン塾」の構想を持つに至ったかといえば、世の中では、デザインが美術に従属したものだと思われてしまっているから。たとえば、デザイン学科の多くが美術大学にしかないというのもそう。

「デッサンとか表現の技法を教える美術の学校は、美大を含めてたくさんありますよね。そうではなくて、もっとデザインというものの考え方自体を教えてくれる学校があったらいいなあと思って」

「今、世の中には、デザインがすごく求められているのに、需要と供給のバランスが完全に乖離してしまっています。企業はデザインや、デザイン的思考がほしくて仕方ない、けれども企業がほしいデザインを提案できるデザイナーはすごく少ない。10年くらい前からずっと、僕はこの状況に警鐘を鳴らしているんですが、誰も耳を傾けてはくれませんでした」