PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07 「六本木未来大学」 第7回 「伊藤直樹さん、世界で通用するクリエイティブディレクションって何ですか?」講義レポート【後編】

update_2016.8.24 / photo_ tsukao / text & edit_yosuke iizuka

2016年7月25日(月)に開催された六本木未来大学の第7回講義、登壇してくれたのは、クリエイティブラボ・PARTYの伊藤直樹さん。後編では、PARTY設立から現在に至るまで、どのように仕事と向き合ってきたかが明かされます。伊藤さんが「今」考えている、クリエイティブディレクションの方法とは?

前編はこちら

PARTYの役割は、「社会実装」にある。

「インターネットなどを使って、言語に依存しない、インタラクティブな体験のデザインを、世界に向けて」。伊藤さんが自身の「逃走の歴史」とともに、今回の講義の軸としているこの考えが明確になったのは、PARTYを設立してからのこと。

「当初、PARTYはクリエイティブラボを標榜することで既存組織との違いを出そうとしていたんですが、『メディアアートは社会実験』と言われているように、最近、メーカーも大学もメディアアートもプロダクションも、みんな近いところに来ている気がします。ところが、研究や発明では大学やメーカーの研究者に勝てないし、メディアアートで日々実験しているような人たちにも敵わない。じゃあどうするかとなったときに考えたのが、僕らの役割は『社会実装』がじゃないかということなんです」

「そんなとき、成田国際空港第3ターミナルのサイン計画のお話を日建設計さんからいただきました。このプロジェクトには実施設計・基本設計・施工とありますが、基本設計の段階から僕らの考え方を落とし込みたいと言ってくれて。サイン計画をこれまでどおりに入れるだけではつまらないし、そこにお金をかけられないので、基本設計の段階、つまりゼロから建物に反映するという考え方でやりたいと。そのときは『ちょっと時間をください』なんて考えるフリをしたんですけど、心の中ではこれはすぐにやりたいなって(笑)」

そしてできあがったのが、陸上トラックをモチーフに、施設と一体になった斬新なサイン。成田空港第2ターミナルから第3ターミナルへの徒歩での移動という体験が、デザインに落とし込まれています。

「それまで、陸上トラックを使ったサインというのは存在していませんでした。空港ということもあっていろいろな意見がありましたが、最終的にはこの難易度の高い提案を社会の中に実装することができた。しかも最近では、大型商業施設でも似たようなものが登場しています。これはPARTYが社会実装したものが受け入れられていることの証拠で、僕らとしては大歓迎。今はマネされて嫌がるような時代じゃない。むしろ、表現者冥利に尽きると思いますね」

仮想現実・拡張現実には、無限の可能性がある。

社会実装ができる環境が整ってきた今、伊藤さんが実感していることのひとつが、「技術力では勝てない」ということ。そこで、伊藤さんは「洞察力ならどうか」と考えているそうです。最近注目されている技術、「VR/AR」「人口知能」「IoT」について、次のように話してくれました。

「『IoT』はセンシング、人間の行動を計測するものです。そして、それを解析・判断するのが『人口知能』。『VR/AR』は、その結果を表現するパートに関わってきます。僕は、このVR/ARに無限の可能性を感じているんです。インターネットで検索すると、VRは仮想現実という技術、ARは拡張現実という技術だと書いてある。でも、これを技術としてではなく、概念として捉えてみたほうがいいんじゃないか。そう考えれば映画だって拡張現実だし、プロジェクションマッピングだってそう。僕が手がけた影を使ったキャンペーン『interactive wall BIG SHADOW』だって、拡張現実と言えるんです」

VR/ARといえば、話題のスマホゲーム「ポケモンGO」にも使われている技術。ご存じのとおり、ゲームの世界が実際の地図と紐づけられ、街を歩くと画面上に出没するモンスターを捕獲できるというもの。伊藤さん、「こういう体を使ったゲームは大好きでやりこんだ」とのこと。

「このゲームは時速10km以下での移動を感知するんです。だから、掃除ロボットの『ルンバ』が乗り物としてもっともふさわしい。しかも、形がポケモンのロゴに似ていますからね。私はアイロボットさんにポケモンGOのルンバをつくってもらって、大儲けしようと思っています(笑)。冗談はさておき、ARを現実世界にキャラクターが合成されるだけの技術とは考えないほうがいいと思います。そうではなく、『現実を自由に拡張する概念』だと考えれば、妄想がふくらんで、いろいろなアイデアが出てくるのではないでしょうか」

【クリエイティブディレクションのルール#6】
「技術」ではなく「解釈」で勝負する

RELATED ARTICLE