PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#10 六本木未来会議BOOKキャラバン @TSUTAYA TOKYO ROPPONGI【後編】

後編_1.jpg

update_2018.1.31 / photo_yuta nishida / text_tami okano

クリエイティブ集団「graf」を率いる服部滋樹さんへのクリエイターインタビューをきっかけに実現した、「六本木未来会議BOOKキャラバン by 服部滋樹」。大好評を博した前回の芝生広場でのキャラバンから一転、今回は、ブック&カフェの先駆けであり、六本木のカルチャースポットのひとつ、「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」が舞台です。「東京ピストル」代表で編集者の草彅洋平さんと共に、参加者のみなさんが持ち寄った本を使ってワークショップをしながら、六本木未来会議の「移動式本棚」に加える1冊を決定! 果たして、どんな話題が飛び出し、どんな本が選ばれたのでしょう。

>前編はこちら

キャラバン参加者それぞれの「私の一冊」。

0115六本木納品データ008.jpg

 ふたりのトークに会場が引き込まれるなか、いよいよ、参加者のみなさんとのワークショップがスタート。3〜4名ずつ、4グループに分かれて、持ち寄った本のどこに「クリエイションのスイッチ」が押されたかを発表し合います。

 会場で初めて顔を合わせた者同士なのに、本についての質問や個人的なエピソードへの共感など、どのグループも和気あいあい。活発な会話が交わされていました。次に行われたのは、グループ内の代表者の選出。各グループから選ばれた4人の代表者が、服部さん、草彅さんを含め、全員の前でプレゼンを行います。

■代表者プレゼン1:川井千佳さん『現代図案文字大集成』(著・辻克己/青幻舎)

0115六本木納品データ204.jpg

「この本には、大正時代から現代にかけての文字やサインが詰め込まれています。同じ文字ひとつとっても、形も違うし、おもしろ系あり、真面目系あり、コミカルな感じのものもある。私は、仕事で子ども向けの本の企画をしているのですが、この本は、常に私の机の上にあり、これを見ているだけで、どんどん企画のイメージが浮かんでくる一冊です」

服部 企画がどんどん浮かんでくるっておっしゃっていましたけど、文字と企画がどんなふうにつながるんですか?

「今は使われないような、魔法使いサリーちゃんのようなフォントが出てきたりするのですが、たとえば、今度の本には魔法使いを登場させてみようかなとか、こんなイラストがいいな、とかですね」

服部 いいですね。じゃあ、これはディレクションする人必見ですね。

草彅 この本って復刻版で、オリジナルは1950年に出ているんですね。昭和のベストセラー描き文字集。貴重ですね。復刻が出ているうちに、ぜひ買いたいです。

■代表者プレゼン2:駒井恵太さん『ゆっくり、いそげ』(著・影山知明/大和書房)

0115六本木納品データ221.jpg

「影山知明さんという人が、マッキンゼーを辞め、JR中央線・乗降客数最下位の西国分寺駅でどうやって『クルミドコーヒー』を成功させたのかを体系的に語った本です。資本主義を完全に否定するのではなく、仕組みとして大事だとしながら、もうひとつの価値観みたいなことを人生をかけて提案している人で、本の中に出てくる『健全な負債感』というキーワードも僕のスイッチを押すきっかけになりました。贈ったり受け取ったりする関係性を刺激したり、お金じゃない富のデザインがあるのではないかという話が印象的でした」

草彅 もし、駒井さんも何かお店を始めたいと思っているなら、夏葉社が出している『すべての雑貨』という本も読んで欲しいですね。『すべての雑貨』の著書、三品輝起さんは、自分で小さな雑貨屋さんをやっていて、雑貨っていったい何なのかを突き詰めて考えて書いたような本。僕はスローライフという言葉はあまり好きじゃないんだけど、それが三品さんなりの解釈で書かれているので、この本も、駒井さんには合うんじゃないかと思います。ぜひ!

一番難解で、一番読みたくなった本。

 各グループの代表者プレゼンを経て、今回の「一番読みたくなった本」に選ばれたのは、なんと、20年以上前に上映された映画のパンフレット!(※絶版のため、デザイン&アートの本棚への収蔵はありません)プレゼンの最中から、服部さん、草彅さんは興奮を抑えられません。

■最優秀プレゼン:杉本裕紀さん『BLUE』(デレク・ジャーマン/アップリンク)

0115六本木納品データ237.jpg

「イギリスの映画監督、デレク・ジャーマンの遺作となった『BLUE』のパンフレットの日本語版です。彼が1994年にHIVで亡くなった後、池袋の単館映画館で作品が上映されていて、その時に買いました。クリエイションのスイッチって、どのタイミングでのスイッチが自分にとって一番影響があったのかなと考えたら、それは若かりし頃、自分はこれから社会人になって、どうしていこう----と思っていた頃なのかなと。『BLUE』はその当時の衝撃的な出来事だったんです。青の映像だけが75分間流れていて、ひたすら、デレク・ジャーマン節の言葉を聞き続けるという、禅にも等しいような作品で......」

草彅 うわあ! デレク・ジャーマン! 『BLUE』! 懐かしい!

「言葉を聞きながら字幕も追うんですけど、自分の中に落ちてくる言葉は数えるほどしかなくて、実際にどういう言葉で75分間が構成されていたのかを知りたいと思ったとき、このパンフレットが唯一の頼りでした」

草彅 わかる! これ映画館で見るの、苦行ですよ。苦行。急に今思い出したんですけど、我々40代の若かりし頃って、超大変だったんです。ジョン・ケージをはじめとする難解なものを、勉強したくもないのに勉強しないといけなくて。それを考えたら、今の20代が見ているものは、すんなりと自分の中に入ってくるような気持ちのいいものばかり。僕たちは、こんな禅問答みたいな作品に向き合わされてばっかりだった。

服部 でも、その"わけのわからなさ"は、青春時代に必要だった気がしません? その時に意味がわからなくても、「あのときのあの言葉って、こういう意味やったんかな」っていうのは、その後も常に頭の中で思考する装置になってるんじゃないかなあ。

草彅 それしても僕、難解なもの本当に嫌いなのに、『BLUE』みたいなものをひたすら見て、これがアートだって言ってたけど、今振り返ってもぜんぜんわからない......。わからないものにお金を払い続けた80年代、90年代って、何だったんですかね。

服部 アートが活発になっていった時代だし、ヒップなやつからアングラまで、あらゆるものを、その端と端まで見た感じはありますよね。でも、わからないことを浴び続けたことによって、基礎体力がついたということもある。

草彅 いや〜、久々にドーパミン出ました。このセレクトはすばらしい!