PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#10 六本木未来会議BOOKキャラバン @TSUTAYA TOKYO ROPPONGI【前編】

前編_1.jpg

update_2018.1.31 / photo_yuta nishida / text_tami okano

クリエイティブ集団「graf」を率いる服部滋樹さんへのクリエイターインタビューをきっかけに実現した、「六本木未来会議BOOKキャラバン by 服部滋樹」。大好評を博した前回の芝生広場でのキャラバンから一転、今回は、ブック&カフェの先駆けであり、六本木のカルチャースポットのひとつ、「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」が舞台です。「東京ピストル」代表で編集者の草彅洋平さんと共に、参加者のみなさんが持ち寄った本を使ってワークショップをしながら、六本木未来会議の「移動式本棚」に加える1冊を決定! 果たして、どんな話題が飛び出し、どんな本が選ばれたのでしょう。

>後編はこちら

本屋は「枯れた」からこそ、可能性がある。

0115六本木納品データ059.jpg

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」にやってきた六本木未来会議の「移動式本棚」。この本棚には、主に、六本木未来会議の人気連載『デザイン&アートの本棚』に登場した本が収められています。服部滋樹さんのアイデアで生まれ、デザインも服部さん。その本棚の横で、ふたりのトークは進みます。

服部 今日はみなさんに、「クリエイションのスイッチを押された本」を持ってきてもらっているのですが、今、僕の横にあるこの移動式本棚には、六本木未来会議の「クリエイターインタビュー」で出てきたクリエイターの人たちが"スイッチを押された"本が並んでいるんですね。私の好きなあのクリエイターの1冊はこれなんだ! ということがわかる、実は、けっこうためになる本棚なんです。まずはそれをみなさんにお伝えしないと!

 その『デザイン&アートの本棚』で服部さんが選んでいるのは『共同体の基礎理論』(著 大野久雄/岩波現代文庫)。草彅さんは『ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か?』(著 横井軍平/スペースシャワーネットワーク)。

0115六本木納品データ083.jpg

草彅 『ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か?』は、自分が編集した本でもあるんですが、任天堂でゲームボーイやゲームウォッチを開発し、『枯れた技術の水平思考』という考え方を遺した横井軍平さんの遺稿集です。僕は、物をつくるときに、横井軍平的な考え方がすごく大事なんじゃないかってことを、ずっと伝え続けているんです。もう当たり前になって見向きもされなくなったり、流行が終わって廃れたようなもの、そういう一度「枯れた」ものにアイデアを加えるとイノベーションが起こる。本屋だって、そうだと思うんですよね。

服部 え!? 本屋、枯れてる?

草彅 枯れてますよ。実際、本屋の数も減っているし、もう本屋はアマゾンに勝てないからこそ、可能性があるというか、違うやりようがあるはずなんです。

服部 僕が選んだ本、『共同体の基礎理論』を読んではっきりしたことは、今生きている21世紀の初頭という時代は、20世紀に生まれたジャンルやそこから細分化していった古いカテゴリーみたいなものが終わり、それぞれがボーダーを越えてミックスされていく時代だということなんですね。図書館が公民館と一緒になったりとか、公共施設だとなかなかそうは行かなかったものも、ボーダーをこえた新しい形が生まれている。本屋もまさに、ここ「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」みたいにレンタルビデオもあれば、カフェもあれば、オーディオ製品や服だって売っているところは話題になっていますよね。

0115六本木納品データ069.jpg

草彅 複合(ミックス)ですよね。

服部 そういうミックスが、興味のない人に興味を持たせる方法として必要になっているわけですが、単純にアクティビティがくっつけばそれでいいのか、というと、そうではなくて、相乗効果が生み出しやすい親和性みたいなものをどうやって「編集」するかが大事だな、と。