86 伊藤直樹(PARTY クリエイティブディレクター)前編

int_86_main01.jpg

非言語のインタラクティブなコミュニケーションを形にし、都市と人との接点を描き出す、クリエイティブラボ「PARTY」のクリエイティブディレクター伊藤直樹さん。これまでにNike、Google、Sony、無印良品など企業のクリエイティブディレクションを手がけ、2017年の「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」には"やさい"とテクノロジーを組み合わせた「でじべじ - Digital Vegetables - by PARTY」を出展し、話題を呼んでいます。そんな伊藤さんにこれからの東京が、六本木が、魅力的な都市であるために何をすべきかお聞きしました。

>後編はこちら

update_2017.11.1 / photo_mariko tagashira / text_ryoh hasegawa

知覚を過剰演出し、「ふれる」を再定義する。

「でじべじ - Digital Vegetables - by PARTY」 topic1.jpg

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017』でPARTYが芝生広場に展示した、巨大なビニールハウス。ハウス内に植えられた「やさい」にふれると、LEDが反応し、色とりどりに輝きを放つ。食べる対象でしかなかった「やさい」を通じて、非言語のインタラクティブなコミュニケーションを知る。
会期:2017年10月13日〜11月5日
会場:東京ミッドタウン ミッドタウンガーデン 芝生広場
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/designtouch/

僕の家は葉山にあるのですが、そこで植物を100種類以上育てているんです。どの植物も育てるのに葉山が最適な環境だとは限りません。一般的には室内で育てることが推奨されている植物を、あえて外に出してみたり、さまざまな実験をこなすことで多種多様な表情を見せます。一見元気そうに見えても、ふれてみると、あまり元気がないように感じることもあります。言葉では伝えられない、目では理解できないことも、ふれて初めてわかることがあるんです。

今回、『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017』で出展した「でじべじ」は、イベントのテーマである「ふれる」という原初的なコミュニケーションによって、非言語とインタラクティブの関係性を感じてほしいと考え、設計しました。

実際に食べるときと収穫するときでは、野菜の様相はまったく異なります。栽培過程の野菜にふれてみると、花粉を運ばせるために色がついていたり、葉っぱがちょっと毛羽立っていたり、種を残していくための生命力が伝わってきます。

ふれることは何か情報を得ることでもあるのですが、ふれ方の意識の違いによって得られる情報が変わるんです。優しくタッチをしたら葉がゆれて、強くタッチすると茎が跳ね返る。そのたびに、「ふれる」ことの奥深さを感じます。

とはいえ、何かにふれる非言語コミュニケーションを体験する機会はそうないですよね。食事をするときに、ナスの"生存戦略"を意識することなんてないじゃないですか。ましてや都会には畑もそうそうないですし、何かにふれる機会が限られているんです。

「でじべじ」では、ふれたことによって生まれるコミュニケーションを過剰演出することで、インタラクティブな会話をつくりたかったんです。野菜のことをちょっと意識してもらえれば、帰り道に地下のスーパーでナスを買って帰り、ごはんを食べるときにはいつもと違う感覚になってもらえるかなって。

そうなると、普段の生活が変わってくると思うんです。いつも使っている陶器のコップでも、少し持ち方を変えれば「あれ? この陶器ってこんなに肉厚だっけ?」と思うかもしれない。ふれ方によって得られる情報が変わることで、それを好きになったり、嫌いになったり。ふれ方ひとつで、インタラクティブな会話が生まれるんです。

言葉を介さない会話こそが、究極のコミュニケーション。

「BIG SHADOW PROJECT」 topic2.jpg

Xbox 360™専用ソフト「ブルードラゴン」発売を記念し、SHIBUYA109からほど近い文化村通りで行われた映像インスタレーションイベント。街ゆく人の影を40メートルに拡大し、さまざまなポーズを取り、タイミングが合うと影が「ドラゴン」に変化する仕組みに。伊藤さんはアートディレクターを務めた。

インタラクティブな会話に興味を持ったのは、2006年にXBOX360専用ソフト「BLUE DRAGON」のプロモーションのため、インスタレーションイベント「BIG SHADOW PROJECT」のアートディレクションをしたときに遡ります。渋谷のセンター街にある駐車場を貸し切り、街行く人の影を大きくビルに投影したんです。ただ自分の影が巨大になるという体験だったのですが、身体が拡張される感覚に興奮した人々が熱狂している姿を目の当たりにして、非言語のコミュニケーションに可能性を感じました。

会話のないコミュニケーションっていうと、イメージがうまく伝わらないかもしれないけど、親子でやるキャッチボールを例に取るとわかりやすいでしょうか。親は何も喋らないんだけど、投げたボールに少なからず想いを乗せています。子どももボールをキャッチすると同時に、その想いを受け取る。会話は発生していないんだけども、これぞ究極の非言語コミュニケーションの形だと思います。

また、生まれたばかりの赤ちゃんは言葉を話すことができないので、泣きじゃくったり、お母さんの手を握ったりして会話をします。言葉を介さないコミュニケーションは、原初的で究極的なんです。

ただ、そのコミュニケーションが成立するにはインタラクティブ性が求められます。キャッチボールに話を戻すと、ボールを返さなければたとえ非言語であっても会話が成立することはないでしょう。