77 清水久和(プロダクトデザイナー)前編

清水久和(プロダクトデザイナー)

キヤノンのデジタルカメラ「IXY Digital」のチーフデザイナーを務め、国内外で数々の賞を受賞しているプロダクトデザイナーの清水久和さん。瀬戸内芸術祭で展示された「オリーブのリーゼント」「愛のボラード」でも話題を集め、2017年2月3日から東京ミッドタウン・デザインハブで行われる「地域×デザイン2017」でも、その取り組みが展示されます。そんな清水さんが語る、未来のプロダクトデザインとは?

後編はこちら

update_2017.2.1 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

デザインに興味のない人たちにも気づきを。

 六本木って「GOOD DESIGN EXHIBITION」もやっているし、21_21 DESIGN SIGHTがあったり東京ミッドタウン・デザインハブがあったり、AXISがあったり、いいデザインをたくさん発信している街ですよね。そこに集まるのは、デザインコンシャスな人たち、黙っていてもデザインについて勉強する人たち。

 でも、それはすごく少数派で、世の中の大多数って、そうじゃない。そもそも私がやっているプロダクトデザイン自体がそういう人に向けた仕事なので、デザインやアートに全然興味がない人たちにも気づいてほしいと思って活動してきました。

 たとえば、私が関わっていたキヤノンの「IXY Digital」は、年間500万台くらい同じものをつくって世界中で販売します。だいたい毎日2万台ずつ、それを1年間つくり続けるイメージですから、それはもう大変な数です。

共通の記憶を形にするのがプロダクトデザイン。

 自分のおじいちゃんやおばあちゃんが見てもいいなと感じて、選んでもらえる製品にするにはどうしたらいいか。それは「ポイント」をたくさんつくることです。ポイントとは、その人の記憶をくすぐるもので、「あ、それ私も知ってる」とか「そうだったよね」とかいうもののほうが共感しやすい。幼い頃の記憶が多いのですが、そういう共通認識って本当に強いんです。

 カメラの場合なら、手で持つものなので、表面のぬるっとした感じとかザラッとした感じとか、触感のコントロールはもちろん、よーく見るとこの穴があれに似ているなというように、細部のディテールに昔のモチーフを使ったり。細々したことを、とにかくたくさんやっていく。全部あげろと言われたら、もしかしたら100個くらいはあるかもしれません。プロダクトって、そのくらい考えるところが多いんです。

 全世界の人に共通する記憶なんてあるの、と疑問に思うかもしれませんが、ものの仕組みとか形って、そんなに違わないですよね。たとえばスプーンにしても、それほど変な形のスプーンはないでしょう? 年代によって、もちろん国によっても差はありますが、人々の共通の記憶って必ずあるんです。

日常にある「取るに足らない」ものたちにスポットライトを。

愛のバッドデザイン
身の回りのささやかなものに美を見いだす活動。グッドデザイン賞はもらえないが、グッドでユーモラスな存在感を放つものたちに敬意を込めてこう名付けられ、全国各地でワークショップなどを行っている。

 私は90年代のはじめから、「愛のバッドデザイン」というプロジェクトを続けています。はじめたきっかけは、賞はもらえないけれど、すばらしいプロダクトってたくさんあるなと気づいたこと。そういう「取るに足らない」ものたちにスポットライトを当てたいと思って。

 江戸時代のものだったら、大事に保存されたり記録されたりするでしょう。でも、昭和の時代の大量生産の製品ってそうじゃない。放っておいたら消えていってしまうであろうものを、しっかり記録していくイメージです。たとえば、浮き輪をふくらませるときにくわえる部分。一体成型で役割が終わったら引っ込むすばらしいモダンデザインですが、細部の話だし、それに賞を与えるのは難しい。

 敬意とユーモアを込めて「愛のバッドデザイン」と名付けたんですが、みんなからは「バッドデザイン」って名前がイマイチだって言われて......。それだけは失敗したなあ(笑)。