71 南條史生(森美術館館長)後編

南條史生(森美術館館長)

長年にわたり、大型のパブリックアート計画、コーポレートアート計画のディレクションを手がけ、現在もさまざまなアートイベントや芸術祭でキュレーターやディレクターを務める、森美術館館長の南條史生さん。前編では、六本木アートナイトをはじめ森美術館の取り組みを中心に、後編では、地方の芸術祭や未来の美術館についてもうかがいました。

前編はこちら

update_2016.9.14 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

芸術祭と美術館の一番の違いとは?

 最近では、各地で「芸術祭」と呼ばれるアートフェスティバルがいくつも開かれていますが、美術館との大きな違いは何だと思いますか? それは展示スペース。美術館って白くて四角い箱だから、おおよそのものは持ち込めるし、無機質だから何でもはまって見える(笑)。でも地方の芸術祭は、そういう場所がほとんどない状態でスタートします。

 そうするとアートをどこに置けばいいのかという、たいへんな創造力やイマジネーションを発揮して、全体をデザインする必要があります。まさに、日常生活の中にアートを挿入していこうという試み。そこが美術館とは一番違うところで、一番面白いところでしょう。ここまでの「アートを街に挿入する」という話ともつながっているのです。

「KENPOKU ART 2016」は、インパクト、テクノロジー、コミュニティ。

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
国内の芸術祭としては最大級となる広大なエリアの中に、チーム ラボ、落合陽一氏など国内外80名以上の参加作家が、百数十の作品を展開。9月17日(土)〜11月20日(日)まで、茨城県北地域の6市町を舞台に開催される。

 たとえば、今、僕が総合ディレクターをしている「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」は、だいたい3つのタイプの作品から成り立っています。ひとつは自然の中に置かれてインパクトのあるもの、もうひとつはテクノロジーを使った新しいアート、最後がコミュニティとコラボするタイプのアート。

 スケールが大きいものでいうと、妹島和世さんがデザイン監修した日立の駅。線路の上に300メートルくらいのガラスの通路が走っていて、端にはガラス張りの展望台があって下に海が見える。その通路の壁面に、ダニエル・ビュレンがカラーシートを貼っていて、すごいインパクトです。他にも、チェ・ジョンファが375メートルある吊り橋からテープを下げたり、イリヤ&エミリア・カバコフのペインティングが海岸に突き刺さっていたりと、ダイナミックな作品がたくさん。

 テクノロジー系でいえば、やくしまるえつこさんが、「シネココッカス」という藻の遺伝子配列を使って作曲した芸術祭のテーマソング。その曲をもう一度藻の遺伝子の中に戻して、つくった曲が永久に受け継がれていく、というバイオの最先端技術をアートにしています。

 コミュニティ系では、力石咲さんというアーティストが、常陸多賀駅前の商店街にあるものを、2ヵ月かけてニットでくるんじゃうとか。街なかに突然茶の間をつくってみんなを招待する、イベント的な作品も登場します。

サイエンスは、最終的には人間の問題に行き着く。

 ちなみに個人的に今、興味があるのはサイエンスと哲学。僕、あんまり細かいことは覚えてなくて、大筋の話しか理解できないから哲学に向いているんですよ(笑)。哲学は抽象だから。

 サイエンスの中で、一番面白いジャンルはやっぱりAIとバイオテクノロジー、なぜかというと人間の未来に大きな影響を与えるから。2035〜2040年には、「シンギュラリティ(技術的特異点)」といって、AIが人間社会をテイクオーバーするといわれています。そのときに問題になるのは、哲学というか、倫理ですね。

 たとえば、もしAIに、環境に悪いものを排除しろって命題を与えたら、人間は抹殺されるかもしれない。あるいは、コンピューター制御している車が事故の瞬間に、年寄りが3人乗っている車と、若者がひとりだけ乗っている車があって、絶対にどちらかとぶつかるっていう状態になったとき、どっちを選ぶか。これって、誰も解答が出せないでしょう? 最終的には哲学の問題、人間がどのように物事を考えていくのか、何を大事とするのかにつながってくるんですよね。