71 南條史生(森美術館館長)前編

南條史生(森美術館館長)

長年にわたり、大型のパブリックアート計画、コーポレートアート計画のディレクションを手がけ、現在もさまざまなアートイベントや芸術祭でキュレーターやディレクターを務める、森美術館館長の南條史生さん。前編では、六本木アートナイトをはじめ森美術館の取り組みを中心に、後編では、地方の芸術祭や未来の美術館についてもうかがいました。

後編はこちら

update_2016.9.7 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

目に見えるいろんな仕掛けをつくっていくこと。

 美術館はこれまでは、箱に入っているインスティテューション(公共施設)だったから、外には出ていかない仕事だったけれど、もう少し広く美術館を一種のアートの拠点と考えるなら、まさにアートが街に出ていくことも意味があるかなと思います。森美術館は「アート&ライフ」っていう言葉をモットーとしてよく使っていて、日常生活に浸透していくことがアートにとって理想だろうと考えています。

 具体的には、「六本木アートナイト」とか、パブリックアートをできるだけ増やしていくといった方法があります。この間も、六本木ヒルズ10周年にあたって毛利庭園の中にパブリックアートをひとつ増やしましたが、一度街をつくり、アートを置いたから終わり、じゃなくて常に発展していく必要がある。

 本当に六本木をアーティスティックな街にしたいと思うなら、目に見えるいろんな仕掛けをつくっていくこと。キューバに行くと、まさに「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のように、どこのカフェでも生で音楽を演奏しているんです。アートでもそういうことができないかなと思っています。

一年中アートナイト状態になったら、他の街と差別化できる。

六本木ヒルズキッズワークショップ
MITメディアラボとの共同研究から生まれた世界の最先端を体感する「MIRAI SUMMER CAMP」はじめ、仕事体験やアートにものづくり、料理など。写真は、森美術館×六本木天文クラブによる「サマーナイトミュージアム」の様子。

 最近しばしば、コミュニティ型のアートが地域振興のために使われていますよね。ここ六本木でも、いつでもアートイベントやワークショップが行われていたら、一年中アートナイト実施中みたいな状態になる。そうなったら、東京の他の街と明らかに違う世界が開けるんじゃないですか。

 たとえば、六本木ヒルズでは毎年、夏休みに「キッズワークショップ」を開催しています。六本木ヒルズのテナントや、いろんな団体や企業などとコラボして、多彩なプログラムが展開されていて、森美術館でも一部協力しています。

 もちろんコストはかかりますが、街のブランディングとして見れば、たいしたことはないのではないでしょうか。コストを下げるだけの経営は、クリエイティビティの欠如です。だからもう少し広い意味で、デザインも含めたアートのブランディング効果を考えて街づくりに取り組むべきなんじゃないかと思います。

アートの定義は、時代によって変わるもの。

六本木アートナイト2016
2009年にスタート、今年で7回目となる六本木の街を舞台にしたアートの祭典。メインプログラムアーティストは名和晃平氏、10月21日(金)〜23日(日)の3日間にわたり、インスタレーションやパフォーマンスをはじめさまざまなイベントが行われる。

 2016年の「六本木アートナイト」のテーマとして、僕は「六本木を遊園地に」と書きました。その理由は、誰でも参加できるんだというメッセージを出したかったからです。となれば高邁なアートだけでなく もっとわかりやすいアートも大事にすることになる。そもそも、今や何がアートか、アートの境界わからなくなってきているでしょう?

 もちろん、アートのオーセンティシティ(王道)みたいなところは保ちつつも、周縁の部分では多少崩れていたっていい。よく「日本語の乱れがひどい」なんて言われることがあるけれど、時代によって言葉は変わっていくもの。それと同じで、アートも変わっていくし、その変化を受け入れていくことも歴史ですから。

 アート活動を増やすことに加えて、その情報をみんなが共有できることも必要でしょうね。ウェブに情報をあげるとか、丁寧に解説してあげるとか、そういう努力を惜しまないことが大事。知らなかったり意味がわからなかったりすると、無視されてしまう。六本木ヒルズには年間2000万人くらいの人が訪れていますが、森タワーの高層階にある森美術館、森アーツセンターギャラリーまで上がってくる人は、まだまだその一部。ときどき、この森タワー内のオフィスに勤めているのに、上に美術館があることを知らない人がいるくらいですから(笑)。