70 内藤廣(建築家)前編

内藤廣(建築家)

海の博物館、牧野富太郎記念館など数々の建築作品を手がけるかたわら、2001年から2011年まで東京大学大学院で教鞭をとった建築家の内藤廣さん。今回のインタビュー中には、伝説のレコードショップ「六本木WAVE」についての、衝撃の事実も。まずは、企画協力として参加している、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「土木展」についてのお話からどうぞ。

後編はこちら

update_2016.8.3 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

土木の世界は、いい人ばかり!?

土木展
駅の構内を解体したドローイングやトンネルなどの土木写真、工事現場の音と映像をミックスした「土木オーケストラ」からダムカレーまで。日常生活に必要不可欠な「土木」を通してデザインを考える展覧会。2016年9月25日(日)まで、21_21 DESIGN SIGHTで開催中。
http://www.2121designsight.jp/

 大学で土木を教えるようになって驚いたのは、その世界に関わる人たちが、いい人ばかりだということ。こんなこと言ったら怒られそうだけど、僕ら建築家はしょせん、自分がどうなるかが関心のほとんど。あいつは賞をとったらしいとか、あいつはコンペで勝ったみたいだとか。でも土木の世界に、そんなことを言う人はほとんどいません。

 彼らが考えているのは、3.11のような自然災害から人々をどうやって守るかとか、工学的技術を使って暮らしをどう豊かにするかといったこと。個人のことは一番最後、その精神が美しいな、と。自然のいいところも悪いところも全部知っていて、純粋に自然が大好きで、関心があって。河川系の人は、どうしたら川を自然河川に戻せるかを考えているし、海岸工学の磯部雅彦先生なんて、日本全国の海岸を全部泳いだことが自慢ですから(笑)。

 僕は建築の世界にいながら、作家性とか作品性みたいなものに対して、どこか疑問に思いつつやってきたので、精神的にも土木の価値観に触れて救われた気がしました。とはいえ自分は建築家としても立たなきゃいけないわけだから、矛盾しているんですけど。

誤解されている土木のイメージに抗議したい。

 僕が教えていた東大で、よく知られたこんなジョークがあります。東大の土木といえば超エリート、卒業して大手のゼネコンに入ると、そんなエリートでも新人研修で地下鉄や道路工事の現場に行きます。そこでマンホールから顔を出していると、横を歩いている若いママが子どもに「ちゃんと勉強しないと、ああいうふうになっちゃうのよ」と言う(笑)。

これこそ、まさに誤解されている土木の姿。そもそも成績がよくていい大学を出たやつが偉い、っていう価値観そのものが古いでしょう。この「土木展」は、そういう間違ったイメージに対してプロテストしたいという思いが、ディレクターの西村浩さんにはあったんじゃないかな。

3.11が起きても、この国は変われなかった。

 建築だけやっている間はわかりませんでしたが、この国を本当に動かしているのは土木ですよ。鉄道も道路も、河川も港湾も空港だってそう。今、僕は名古屋の再開発に関わっていて、そこにはリニア新幹線が通ることになっていますが、駆動系のモーターや車両はともかく、線路を通したりトンネル掘ったりする技術はほとんどが土木関係です。

 品川と名古屋が、わずか40分。名古屋に帰る友だちと品川で飲んで別れて、あなたが酔っ払って山手線で一周しているうちに、友だちはもう自宅に着いている(笑)。それが、たった10年後、ぜんぜん遠い未来じゃないんです。

 ここまでは土木のいい面について語ってきましたが、一方で「変われなかった」という苦い思いもあります。僕は、3.11でこの国が変わるんだと思っていました。でも結局は、変われなかった。復興に関する行政システムがすべて旧来のまま動いてしまって、テーブルの上にある見慣れた道具だけでさばいてしまった。止めようとしたけど止まらなかった......。