69 えぐちりか(アートディレクター / アーティスト)前編

えぐちりか(アートディレクター / アーティスト)

広告会社のアートディレクターとして数々のキャンペーンを手がけるかたわら、国内外でインスタレーション作品を発表、ガラス製たまごのテーブルウエアシリーズ「バーンブルックのたまご」などのオリジナルプロダクトに、フィギュアスケート高橋大輔選手のコスチュームデザインなどなど、えぐちりかさんの仕事はとにかく多彩。広告クリエイターであり、アーティストでもある、えぐちさんならではの人を楽しませる街のつくり方とは?

後編はこちら

update_2016.7.6 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

プロポーズは、六本木でした。

JAGDA賞
日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、優れたグラフィックデザインを表彰・記録することを目的に、2008年に創設。今年度の優秀作品は、東京ミッドタウン・デザインハブの「日本のグラフィックデザイン2016」で展示中(写真/2016年8月8日まで)。

 私、六本木には、公私ともにお世話になっているんです。2009年に、JAGDA新人賞をいただいてからは、展示に参加させてもらったり、JAGDA賞の審査をさせてもらったり。私の作品「バーンブルックのたまご」シリーズを、学生時代に置いてくれたのは六本木ヒルズのミュージアムショップだったし、今は制作をお休みしていますが、国立新美術館の「スーベニアフロムトーキョー」でもオープン時から取り扱ってもらっていました。

 プライベートの話をすると、30歳の誕生日をお祝いしてもらったのも六本木だったし、しかも......プロポーズをされたのも六本木なんです。今は全然そんな感じじゃないんですけれど、独身で絶頂期だった頃は、記念日は六本木で、みたいな(笑)。

 結婚してからも、家族で森美術館に出かけることもあるし、映画を観るのはTOHOシネマズ 六本木。自分にとってこの街は、ちょっとだけ非日常を楽しむ場所。それはもちろんすてきですけど、最近はセレブでコンサバなイメージが強いので、もうちょっとだけはっちゃけてほしい(笑)。そうすれば、日常的に行きたいと思える場所になるのかなって。

駅を降りた瞬間、360度どこを見てもアートな街。

バーンブルックのたまご
えぐち氏が学生時代に制作した、卵そっくりなガラス製のアート作品。国内外の美術館でインスタレーション作品を発表し、岡本太郎記念現代芸術大賞などを受賞。お皿、カップ、ブックスタンドなど、さまざまなプロダクトも販売していた(現在は休止中)。

 せっかく「デザインとアートの街」というのなら、街全体からアートを感じられて、少なくとも街がアートと同じくらいの面白さにならないと、わくわくしないですよね。しかもどこかで成功した事例とか、安全パイを狙っていくんじゃなくて、もっと既成概念をくつがえすような。

 たとえば、駅を降りた瞬間、360度どこを見てもアートが置いてあるとか。もちろんパブリックアートを置くのもいいし、わざわざ美術館に行って作品を鑑賞するのも悪くはないけれど、街を箱と考えるんじゃなくて街自体がアートだって考えていくと、全然違うものが生まれるはず。アートに頼るんじゃなくて、自分たちがアートになってみる、というか。

 アートの街の標識はどういうふうになるんだろう? アートの街の広告はどういうものがいいんだろう? 私が美術館にアートを観にいく理由は、頭をもっとやわらくしたいとか、こういう考え方もあるんだという気づきをもらいたいから。全然違う価値観を見せてくれるのがアートだし、それを見いだしてくれる人がアーティストだと思っています。だとするなら、アートの街の標識も広告も当然、どこかで見たことがあるものや、ましてつまらないものじゃダメですよね。

 一歩踏み込んだだけで、ここは普通の考え方でつくられた街じゃないんだって感じさせるくらいインパクトがあったら、「六本木を見てみたい!」ってなると思うんです。