63 紀里谷和明(映画監督)

紀里谷和明(映画監督)

15歳でアメリカへと渡り、写真家として数々のアーティストジャケットやPV、CMを手がけ、映画「CASSHERN」「GOEMON」の監督としても知られる、紀里谷和明さん。2015年11月には、ハリウッドでの最新作「ラスト・ナイツ」が公開されました。そんな紀里谷さんに、未来会議の編集部がぶつけた最初の質問は「六本木を映画の街にするには?」。その答えとは。

update_2016.1.20 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

この街は、リアリティのないデザイン実験場に見える。

 無理でしょう! まず行政がそれを許さないし、撮影の許可も取れませんから。六本木だけじゃなくて、東京はもちろん日本国自体で無理。とにかく規制が多すぎちゃって、映画が撮れないんですよ。最近では、フィルムコミッションがある自治体もありますが、それでも外国と比べたら非常に厳しい。

 そもそも、六本木で映画を撮りたいとも思いませんね。だって、今の六本木ってリアリティがないじゃないですか? 僕がアメリカにいた十代の頃、ときどき日本に来たときに遊んでいた六本木だったら面白いなと思いますけど。今は開発もされちゃったし、なにより住んでいる人たちにリアリティがないから。

 社会の裏と表みたいなものがあってこそ、都市だと思うんですよね。それが結局、すべて消毒されて、除菌されていっている。建物のデザインとか、そういうものは面白いかもしれないけど、人間味を感じない、ただのデザイン実験場みたいに見えてしまって。

六本木未来会議とは、誰にとっての未来か。

Union Square Tokyo
(ユニオン スクエア トウキョウ)
ニューヨークの人気レストラン「Union Square Cafe」海外初の姉妹店として、2007年に東京ミッドタウン(ガレリア内ガーデンテラス B1F)にオープン。モダンでアットホームな店内では、東京で手に入る旬の食材を活かしたニューアメリカン料理が楽しめる。

 もちろん、ふだん六本木に来ることはありますよ。東京ミッドタウンの「Union Square Tokyo」というレストランとか、他にもラウンジとかキャバクラとか(笑)。立地的にも便利だし、東京ミッドタウンとか六本木ヒルズに住んでいる、お金がある人たちにとってはいいところなんでしょう。でも、自分ではめったに行かないし、たまたま連れてこられるのがほとんど。

 なんていったらいいのかな、非常にこう薄っぺらいというか、デザインとかアートとかファッションとか、この街にあるものすべてがコンプレックスを解消することを目指しているように思えちゃうんです。だって、こんなところに住めるのって、それこそ日本人の0.1%以下の、ごく一部の人たちだけじゃないですか。

 ちなみに、六本木未来会議っていいますけど、これって誰にとっての未来なんですかね? 「デザイン」とか「アート」とか「人をつなぐ街」なんて書いてあるけど、誰のためなのかさっぱりわからなくて。六本木に住んでいる人? 港区人? 日本人? それとも地球人? 0.1%の人たちが楽しむためなのであれば、いろんなアイデアが出せるでしょう。しかしそれは、地球の裏側の人たちにとっては、まったく意味のないことですよね。

質素にならざるをえない時代がやってくる。

 もし仮に、地球人みんなのためだとしたら、こういうことに使っているお金を、今すぐ全部ばらまいたほうがいい。単純な話、日本をはじめ先進国の人が搾取をするから、貧困や内戦が起こるわけでしょう。フランスから空輸されたワインを飲みたいとか、ありとあらゆるものが欲しいというから石油が使われる。そして石油が使われるがゆえに、それを取り合う戦争が終わらない。シリアの難民の人たちからしたら、「デザインとかアートとか言う前に、私に何かくださいよ」って話になっちゃう。

 僕は、まずは搾取をやめるべきだと思う。たとえば、この時期いろんなところでやっているイルミネーションなんて、真っ先にやめるべき。震災のときには、あんなに節電節電って言ってたのに、イルミネーションは続けるじゃないですか。外国から空輸されてくるぜいたく品だっていらないと思うし、全部地産地消で、できる限り自給自足。でも、それはやりたくないわけですよ、みなさん。

 もっと質素になっていくべきだし、ならざるをえない。だってこんなの破綻しますから、もうすぐ。