22 中村勇吾 (WEBデザイナー)×小山田圭吾(ミュージシャン)

中村勇吾 (WEBデザイナー)×小山田圭吾(ミュージシャン)

子どもたちの「デザイン的思考」を育てるテレビ番組「デザインあ」。今年度のグッドデザイン大賞も受賞した話題の番組が、体験型の展覧会「デザインあ展」へと発展、6月2日まで「21_21 DESIGN SIGHT」で行われている。番組の映像監修を務める中村勇吾さんと、音楽を手掛けるコーネリアスの小山田圭吾さんは、総合指導を行うグラフィックデザイナーの佐藤卓さんとともに展覧会のディレクションも行う「デザインあ」チームの仲間。会場から連れ出して、六本木について聞いてみました。

update_2013.2.20 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

宣言せずに本物感をいかにつくるか。

中村勇吾六本木をデザインとアートの街にするには...... 大きなお題ですよね。どうしよう、見当もつかない(笑)。そもそも、六本木をデザインとアートの街にしたいっていう動きがあることも初めて知りました。

 身も蓋もないかもしれないけど、それって、言わないほうがよかったりしませんか? たとえばパリって自分たちでアートの街だ! とは言わないじゃないですか。本当のグローバル企業も、自分でグローバルとは言わない。

小山田圭吾確かに、言われると引いちゃうっていうのはあるかも......

中村だから、言わずにモヤっとそっちにもっていく。特にアートは人によっていろんな捉え方があるし、これがアートだと決めたりここがアートの街だと宣言したりはしないけれど、アートを支える環境としてはすごくいいよね、みたいな。そういう本物感をいかにつくるかが大事なんじゃないかなあ。

「21_21 DESIGN SIGHT」もすごくいい場所にあって、こんなに広い芝生や緑が都市の真ん中にあるっていうのは、そうないと思うんです。東京ミッドタウン(以下ミッドタウン)の中だけでも美術館やギャラリーがいくつもあるし...... というのを、六本木の魅力としてどう伝えるか。難しいですね。いまはどうしても、ミッドタウンだけポンといい街を置きました、という感じがしてしまう。

小山田六本木は、ひとつひとつの場所がちょっと遠いんですよね。ヒルズからミッドタウンまでもけっこう距離があるじゃないですか。その間にアマンドの裏の歓楽街があって、「そこ」と「ここ」が繋がってない感じはします。

中村それぞれの施設が周りとだんだん混ざり合っていくといいですよね。「昔ながらの六本木」とも接続している感じって、もっとずっと長い時間をかけて作られていくものなんだと思うんですけど。

 僕は浅草が好きで、祭りの日や花火大会の日に行くと、ものすごく「横の連帯感」がある。そこには全然入り込めないんだけど、なんかいい街だなあって思うんですよ。

 あ、祭りがいいんじゃない?

小山田祭り?

中村六本木祭り。

小山田六本木に祭りってないの?

地元の祭りに神輿と音頭!

六本木アートナイト

六本木アートナイト
3月23日~24日、六本木の街を舞台にオールナイトで開催されるアートの祭典、「六本木アートナイト」。前回、六本木未来会議に登場した日比野さんがアーティスティックディレクターを努めます。

中村麻布十番の納涼祭りは有名ですよね。六本木だと、「六本木アートナイト」があったり国立新美術館が「文化庁メディア芸術祭」のメイン会場だったりして、そこにクリエイターの人たちが集まっている感じはあるけど、もっと地元の人たちも一緒に集まれる祭りがあるといいんじゃないかな。というか、クリエイターの人たちの祭りと地元の祭りがくっつけばいいんじゃない? 商店街の人が出店でトウモロコシ焼いていたり、黒人のお兄ちゃんがホットドック売ってたり。

小山田僕は地元が東京の世田谷なんですけど、区のお祭りとかけっこう好きなんですよね。年に3回は行くかなあ。

中村へえ、そうなんですか。子どもの幼稚園の行事とかも出席してます?

小山田してるよ。餅つきもするし。え、勇吾さんしたことないの?

中村もちろん僕もしてますよ。運動会でマシュマロをくわえて走ったりとか(笑)。盛り上がりますよね。じゃあ、小山田さんが祭りに乗り気なら、お祭りの音頭みたいなものを小山田さんにつくってもらうっていうのはどうですか?

小山田六本木音頭。いいですよ。

 六本木って言ったら歓楽街のディスコのイメージが強いけど、音としてはそういうのにはしたくないかな。やっぱり音頭は音頭でやりたいですね。

中村いいですね。では僕は神輿の担当で。神輿にプロジェクションマッピングでも(笑)何でもやりますよ。

 大事なのは、間口を広げることだと思うんです。「21_21 DESIGN SIGHT」もスマートでシュっとしたイメージが強いけれど、今回の「デザインあ展」は子どもたちがわぁっと集まって遊んでいるような場になれば、と思っていて、それがこの場所を訪れる人の間口を広げたり、訪れた人の「デザインマインド」を広げるきっかけになれば、と思っています。