15 長坂 常 (建築家)×尾原史和 (アートディレクター)

長坂常×尾原史和

場を作ることを目的とし活動するデザインチーム、スキーマ建築計画を主宰する建築家の長坂常さんと、「R25」や「TRANSIT」など、数多くの雑誌や本の装丁を手掛けるアートディレクターの尾原史和さん。普段から交流のあるふたりのやりとりは、ざっくばらんに直球で、「デザイン」と「アート」は別ものだ、という指摘から、アートの受け手側の「考える力」の重要性にも話しは及びます。そしてふたりが行き着いた、具体案とは?

update_2012.11.7 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

六本木との関わり。

DESIGN TIDE TOKYO photo: DAICI ANO

DESIGNTIDE TOKYO
尾原さんが携わる DESIGNTIDE TOKYOは、招待作家による作品発表や実際のプロダクトを手にとって、デザイナー本人から購入できたりと、デザインの旬を知ることのできるイベント。今年も、東京ミッドタウン・ホールで行われた。
会期:2012 年10月31日(水)〜11月4日(日)

尾原史和僕は毎年秋に行われる「DESIGNTIDE TOKYO」のディレクターを5年ほどやっていて、メイン会場が〈東京ミッドタウン・ホール〉なのでその時期にはベッタリ、ミッドタウンにいます。でも、六本木に個人的に来るということはなくて、ミッドタウンができる前も仕事の打ち合わせで時々来ていたことがある、くらいですね。

 東京に出てきたのが22歳のときで、六本木のことはほとんど知らなかったし、渋谷にあった務め先のデザイン事務所に缶詰状態だったから、回りのことは何のことやら分からず(笑)。六本木の印象は、何となく国際的というか、世界各国の人がいる空港のラウンジみたい街、でした。

長坂 常僕はミッドタウンができる前のほうが六本木に来てましたね。すぐ近くに建築家の磯崎新さんの事務所があるのですが、学生時代に2年ほどアルバイトをしていました。なので、この辺はよく来ていたし、バイト帰りには六本木通りの「WAVE」によく行ってたなあ。

ハタチくらいだったので、六本木は大人の街というイメージで、交差点の近くの花屋さんの配達がどこに届けに行くのか、ある日興味を持って一晩くっついて見て回ったことがあるんです。いろんなところに届けに行くのがわかって、大人ってすごいなあって思った経験もあります(笑)。

尾原いろんなところ、ね。

長坂バブルが弾けた後で、六本木の繁華街としてのピークは完全に終わっていたし再開発の最中。「WAVE」の背景が何もない時期があって、それは猛烈に寂しい風景だったなあ。ミッドタウンが建って、だいぶ変わったという感じはしますね。

尾原今は〈六本木ヒルズ〉とか人が集まるポイントがけっこうあるからね。ヒルズもミッドタウンもなかった頃は、フラットな感じだったよね。

「デザイン」と「アート」を一緒にしない方がいい。

長坂それで、今回は六本木を「デザインとアートの街」にするにはどうしたらいいかという話しですが......「デザイン」と「アート」って相容れない、違うジャンルではないかと。まず思うのは、それを一緒にしないでほしい。

尾原あ、それ僕も思います。「デザイン」と「アート」は別ものです。でも、言い出すと面倒くさいというか、ここでは一緒にしたほうがいいんですかね?

長坂いやいや、ダメダメ。まずもって、限定できない、あいまいな象徴としてデザインとアートを利用するような考え方があるとしたら、それが問題だと思うんです。僕の事務所はアートギャラリーと建物をシェアしているのでよく分かるのですが、作り手のタイプで見ても、明らかにデザインの人種とアートの人種は違います。よく言われるアーティスティックなデザインなんて領域も僕は存在しないと思います。

 デザインはあくまでもビジネスとどう関わっていくか、商業にどう寄与していくかが社会的な役割のひとつだったりするので、六本木と相性がいいのも分かりますが、アートと六本木というのは...... どう関係があるのか。アートの街になるというときに、何が目標なのか、僕には正直よく分からない。

 東京ミッドタウンの中にも六本木ヒルズの中にも美術館があるから? アートが置いてあればアートの街になるなら、お金があればできるんだろうけど、アートの当事者であるアーティストたちが参加していないと何も始まらないし、本当の意味でのアートへの理解も生まれない。何のための「アートの街」なのか、アーティストたちがここで活動をしていくためには、何を目指すのかをもっと限定して言葉にできないと、コトは前に進まないんじゃないかと思うんです。

尾原そうだね。アートを見る側の人が集まってくる街なのか、アートに携わる人たちが集まるビレッジになるのかで全然違うもんね。

長坂アート活動をしている面白い人たちが集まるとなると、いまの日本では多くのアーティストが二足のわらじで生活を成り立たせているような状況なので家賃の高いところには住めない。もちろん成功している人は別でしょうけど、これから社会をつくっていくようなアーティストはまず無理なのでは。それに、この街に創作活動するような場所があるかというと、難しいんじゃないかな。それなりにスペースが必要だったりするし、何か突飛なことをしてはイケナイような、硬い印象がありますよね。そういう場所にアーティストが好き好んで来るとはなかなか思えない。

尾原六本木は便利なわけですよね。創作をする場の環境として、これだけ便利で、これだけ多くの人がいる場所であるべきかっていうのは、ひとつ大きなハードルかもしれない。この街にいる時点で、人に干渉されることになるじゃないですか。何かしら人の表情を見て暮らさなければならなくなっちゃう。そういう状況で自分の表現なり何かを考える時間を確保できるかというと、僕だったら難しい。もし僕がアーティストだったらね。だって本当は、できるだけ人と関わりたくない、って思っているタイプの人間なんですから......