INFORMATION

INFORMATION
コロウラット家紋章文蓋付ゴブレット
1720年頃 ボヘミア
2014.08.02 Sat - 2014.09.28 Sun

プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス

17世紀後半、透明度が高く、光との共鳴が美しいカリ・クリスタルガラスの開発によって興隆した、ボヘミアン・グラス。無色透明ガラスを生かし、水晶彫りの技を応用した耀きは、18世紀に入ると、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を席巻する勢いとなりました。

本展は、現在のチェコ共和国周辺に花開いたボヘミアン・グラスの変遷を、15世紀から現代にいたるプラハ国立美術工芸博物館の収蔵品170件でご紹介するものです。その名を知らしめた、彫りとカットによる静謐なモノクロームの世界や、多彩な絵付けと発色による鮮やかな色彩感、そして現代ガラス彫刻のダイナミズムなど、時を追うごとに豊かな表情をみせる造形美をお楽しみください。

会期
2014年8月2日(土)~9月28日(日)

開館時間
10:00~18:00
※金・土、および9月14日(日)、9月22日(月)は20:00まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日
火曜日
※9月23日(火・祝)は開館
※shop×cafeは会期中無休

入場料
(当日)一般:1,300円、大学・高校生:1,000円、中学生以下無料
(前売)一般:1,100円、大学・高校生:800円

お問い合わせ先
サントリー美術館
TEL. 03-3479-8600

オフィシャルサイトで詳細を見る >

< 一覧に戻る