INFORMATION

INFORMATION
2018.04.25 Wed - 2018.07.01 Sun

サントリー美術館「ガレも愛した-清朝皇帝のガラス」

中国ガラス工芸の長い歴史の中で、飛躍的な発展を遂げたのは、清王朝の時代です。康煕35年(1696)、第4代康煕帝が紫禁城内に皇帝のためのガラス工房を設置したのが契機となりました。 第5代雍正帝もこれを引き継ぎ、続く第6代乾隆帝の治世には栄華を極めます。

「透明」と「不透明」の狭間で、重厚な作りの清朝のガラス。本展は、エミール・ガレにも影響を与えたその類まれなる造形美をガレの作品も併せて紹介する試みです。

会場
サントリー美術館

会期
2018年4月25日(水)~7月1日(日)

開催時間
10:00~18:00
※金・土および4月29日(日・祝)、5月2日(水)、5月3日(木・祝)は20:00まで開館
※5月26日(土)は六本木アートナイトのため24:00まで開館
※いずれも入館は閉館30分前まで

休館日
火曜日(5月1日、6月26日は18:00まで開館)

料金
一般1,300円、学生(高校・大学生)1,000円、中学生以下無料
※5月26日(土)はアートナイト割引で一律500円(一般、大学・高校生共通)

問い合わせ先
tel:03-3479-8600

オフィシャルサイトで詳細を見る >

< 一覧に戻る