クリエイタープロフィール

1954年横浜生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、同年「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞受賞。作品にサントリー美術館、根津美術館。著書に「自然な建築」(岩波新書)「負ける建築」(岩波書店)「新・ムラ論TOKYO」(集英社新書)、「場所原論」(市ヶ谷出版)など、多数。

工業化社会の建築的理念であるインターナショナリズムにかわる、「場所に根ざした建築」の可能性を追求し実践している。

日本では2012年に入り、「長岡シティホールアオーレ」、「浅草文化観光センター」等が竣工したほか、歌舞伎座の建て替えプロジェクトが進行中。海外では2011年末に、中国・成都で「知芸術館」が竣工。現在、イギリスのヴィクトリア&アルバート・ミュージアムのスコットランド分館、スペイン・グラナダのオペラ劇場、フランス・マルセイユのFRAC(地域現代美術財団)などが進行中。

最新記事を見る

WORKS 代表作品

那珂川町馬頭広重美術館
Nakagawa-machi Bato Hiroshige Museum of Art
サントリー美術館
Suntory Museum of Art
根津美術館
Nezu Museum
プロソミュージアム・リサーチセンター
Prostho Museum Research Center
梼原 木橋ミュージアム
Yusuhara Wooden Bridge Museum
新津 知・芸術館
Xinjin Zhi Museum
浅草文化観光センター
Asakusa Culture Tourist Information Center
アオーレ長岡
Nagaoka City Hall Aore

INTERVIEW