18 隈 研吾 (建築家)

隈研吾

建替えが行われている銀座の歌舞伎座をはじめ、スコットランドに新設するヴィクトリア・ アンド・アルバートミュージアムなど、国内外でいくつものプロジェクトが進行中の建築家・隈研吾さん。サントリー美術館の建築デザインを手がけるなど、六本木との関わりも深い隈さんにとって、六本木とはどういう街なのか。デザインとアートの街づくりのために建築はどのような役割で機能するのか、お話を伺いました。

update_2012.12.5 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

住宅地でありながら盛り場でもある2面性。

東京大学生産技術研究所 東京大学生産技術研究所提供

東京大学生産技術研究所
生産に関する科学的総合研究を目的とした研究所。大学の研究所としては日本最大級であり、世界でも屈指の規模をほこる。2001年に現在の駒場に移転するまで40年近く六本木(現在の国立新美術館がある場所)にキャンパスを設けていた。

 六本木とのつきあいは大学院の頃からです。僕が通ったのは東大の生産研(生産技術研究所)にあった原広司先生の研究室で、当時生産研は六本木にあったんです。生産研に来たかった理由のひとつは、六本木に来たかったから。横浜に住んでいたので文京区の本郷は遠いし、おとなしいけれど、六本木は楽しそうだったから(笑)。

 なので、六本木から青山通りにかけては、ゆかりのある場所ではありますね。事務所もずっとそのあたりにありましたし、僕が一番好きな六本木でもあります。あのあたりは、住宅地でありながら盛り場でもあるという2面性が面白い。六本木の中心部は盛り場にばかり染まってしまったけれど、もっと住宅地を残したような街づくりができたらいいなと思います。

中心から染み出すもの。

 六本木にはミッドタウンのような中心的なものは既にあるわけだから、そこから染み出すもの、スピルアウトするものをどう面白くするかが重要だと思うんですね。そしてデザインやアートの街になるなら、クリエイティブな人たちの居場所が必要だとも思います。例えば、まだ駆け出しの、これからっていうアーティストやデザイナーの居場所として、小さな古いビルを生まれ変わらせる。そういうプロジェクトには建築家として、とても興味があります。

 まずはどのビルを選ぶかが重要で、どこでもいいというわけではないんですよ。面白いなと感じる場所を将棋みたいに点で攻めていく。鍼灸のツボみたいなもので、六本木のツボをマッサージする、じゃないけど、そこが変わると街が変わっていく、というポイントが都市にはある。その「都市のツボ」が分かるためには、街を歩かないとダメだし、単に歩くだけではなく朝昼晩、飲み食いを含めフルスペックでその街とつきあって、なんとなく分かる、というものなんだと思います。

すべての建築家はリノベーションをする人である。

東京ミッドタウン・ガーデンアーチ

東京ミッドタウン・ガーデンアーチ
今回撮影を行ったのは、ミッドタウンの緑地からサントリー美術館へと道をつなぐ、ガーデンアーチ。太鼓橋の愛称でも呼ばれるこの橋は、隈研吾氏によるデザインです。

 古いビルを生まれ変わらせるときに大切にしたいのは、その「ボロさ」をどうやって残すか。どう継承していくか。ボロさの本質というのはたぶん、スケール感や素材感、時間の重なり方といったもので、それは、「生物としての人間」が居場所として安心する要素なんだと思うんです。新たに手を加えると失われてしまうことが多いし、そもそも「計画」という行為の中には、ボロさの良さを破壊する力が含まれている。でも、これからは「ボロさの本質を残せる計画」というものが、あり得るのではないかと思っています。

 リノベーションが注目されていますが、僕は「すべての計画はリノベーションである」と思っています。新しくビルを建てるときも、土地は以前からあるわけだから、「土地のリノベーション」でもある。その場所の何かを継承する。そういう意味では新築だってリノベーション。要するに「すべての建築家はリノベーションデザイナー」だって定義しちゃったほうが、これからは分かりやすいんじゃないかな。