TOUR REPORT

第3回 六本木デザイン&アートツアー 清水敏男氏・青野尚子氏による「六本木パブリックアート巡り」

第3回 六本木デザイン&アートツアー

update_2013.10.2 / photo_ryumon kagioka / text&edit_kentaro inoue & yosuke iizuka

東京ミッドタウンと六本木ヒルズを中心に設置されているパブリックアートの数は、およそ数十点。そう、六本木は、いわばパブリックアートの聖地なのです。今回は、インディペンデントキュレーターの清水敏男さんと、デザインやアートの分野で活躍するライターの青野尚子さんをガイドに迎え、六本木未来会議読者が街に点在する作品群を巡ったツアーの様子をお届けします。

東京ミッドタウン http://www.tokyo-midtown.com/jp/design-art/artwork/
六本木ヒルズ http://www.roppongihills.com/facilities/publicart_design/

 ツアー参加者が集まったのは、けやき坂通りの交差点に設置された大型のアート作品「カウンター・ヴォイド」(宮島達男)の前。残念ながら震災以降は点灯されていませんが、本来はガラススクリーンにLEDで表示されたデジタルカウンターが輝く、六本木を代表するパブリックアートです。

 案内役を務める清水さんは東京ミッドタウンのパブリックアートのディレクションを担当、そして青野さんは東京ミッドタウンのアートとデザインの書籍を清水さんとともに制作したのだそう。六本木のパブリックアートに通じるお二人の、アート愛あふれるかけあいで、ツアーの様子をお楽しみください。

ストリートファニチャーの王道的作品。
吉岡徳仁「雨に消える椅子」

清水敏男 けやき坂のストリートファニチャーにはいろいろな形のものがありますが、吉岡徳仁さんはストレートに「椅子」です。これはやられた! という感じですね。

青野尚子 透明なガラスでできていて、雨が降ると消えているように見えるという、ポエティックな作品です。「雨が降ると椅子が消えた、僕の恋も消えてしまった」なんて外国人の方が言っていましたけど。

清水 実際に座ってみるとわかりますが、この椅子は本当に座り心地が良いんですよ。では、駆け足ですが、次の作品に行きましょう。

六本木ヒルズのシンボルは何を表す?
ルイーズ・ブルジョア「ママン」

清水 作者のルイーズは女性彫刻家で、女性をテーマにした彫刻をたくさんつくっています。森タワーのすぐ下にあるこの作品のタイトル「ママン」は、フランス語で「お母さん」という意味。形は蜘蛛なんだけれど、卵をいっぱい抱えたお母さんなんです。

青野 母性がテーマということで、"包み込むような愛"ともとれるし、ちょっとどろどろした"支配する母"ともとれる。みなさんは、どんなふうに解釈しますか?

参加者 私は、母親の支配的なイメージをすごく感じます。

清水 パブリックアートというと、万人に受け入れられるものを置くことが多いんですが、公共の場に、こういう先鋭的な作品を置くのはとってもいいなと思いますね。

高層ビルに対抗するために必要なもの。
イザ・ゲンツケン「薔薇」

青野 「ママン」の奥にあるこの作品は、六本木ヒルズのような、人間のスケールを超越した巨大な建造物に対抗するという意味で、人間のハートや情熱を表す「赤いバラ」を置いたと聞きました。

清水 ドイツ人らしくなくて、ロマンティックですね(笑)。作品のうしろの東京タワーとのコントラストがいいですね。

日本の「パブリックアート」は、90年代にはじまった。

清水 六本木ヒルズと、これから向かう東京ミッドタウン、国立新美術館の3つで「六本木アートトライアングル」を形成して、アートで街を盛り上げようとしています。ヨーロッパでは、中世から街なかに彫刻を置く伝統がありますよね。日本も、今や都市の構造はヨーロッパと同じになっているわけですから、街とアートを結びつけられればと思っているんです。

青野 1960年頃に、土方定一が山口県宇部市で野外彫刻展を開催していますね。街に彫刻を置くことが全国的に広まった一方で、街の雰囲気を考慮せずに設置された作品は「彫刻公害」と揶揄されるケースも出て......。

清水 いわゆる「パブリックアート」の先がけは、福岡じゃないかと思うんですね。1990年代に、ミュージアム・シティ・天神という活動があって、銀行の前や工事現場の塀にアートを置くという、期間限定のフェスティバルをやっていたんです。

青野 最近では、アーティストが街の人の流れなどを考えて作品を設置して、人々が見て歩くことで街が発展するようなものに変わっていきましたね。