PROJECT REPORT インタビューで得たクリエイターのアイデアを、リアルな場で実現する「アイデア実現プロジェクト」

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07 「六本木未来大学」第9回 「水野祐さん、クリエイティブディレクションに必要な法との付き合い方って何ですか?」講義レポート【前編】

update_2016.11.22 / photo_ tsukao / text & edit_yosuke iizuka

六本木未来大学の第9回講師は、弁護士の立場からさまざまなクリエイティブ・プロジェクトに携わる水野祐さん。法律事務所を経営するかたわら、芸術文化関係者への無料法律相談を受け付ける「Arts and Law」の代表理事を務めるなど、さまざまな形でクリエイティブ分野で活躍しています。2016年11月14日(月)に行われた講義で語ったのは、著作権の考え方、法を活用して仕組みをデザインする方法、さまざまな分野でのイノベーション事例と法律の関係まで。クリエイターのみならず、現代を生きる人は必見の内容をお届けします。

後編はこちら

法と現実の乖離が進んでいる、有史以来もっとも面白い時代。

「今日お話するのは、法とクリエイティビティ、そしてイノベーションとの関係についてです。クリエイティブと法律ってあまり関係がないと思うかもしれません。でも、現代の情報環境の変化で、その関係が大きく変わって、面白いことになってきているんです」

水野さんのこんな言葉からスタートした今回の六本木未来大学。講義では、まず、「法」とはそもそも何かについて教えてくれました。水野さんによれば、「法」は「法律」と「契約」の2つを含んだ言葉。わかりやすく言えば、個人・企業間の約束事が契約で、国家と国民の約束事が法律です。

「一般的には、法律よりも契約が優先されます。これを『契約自由の原則』というんですが、契約を結ぶことは当事者の自由で、国家(法律)はそこに介入できません。もちろん奴隷になれとか、判断能力がない人を騙すような契約とか、公序良俗に反していれば無効になりますけど。この『契約』に、日々、私たちは触れているわけです。電車を乗るときには運行契約を、コンビニで買うときには売買契約を交わしていますよね。しかも、インターネットやスマートフォンのアプリ、たとえば『ポケモンGO』の利用規約に同意したりもする。『契約』が日常化、大量化しているんです」

ところが、インターネットの登場以降、社会の実態と法が合わなくなってきているのが今の時代だと言います。

「『Law Lag』という言葉を聞いたことがありますか? 『法の遅れ』という意味で、法律というのはそもそも情報環境や社会環境の変化に遅れて成立するという性質があるんです。現代は高度情報化社会と言われていて、社会環境がものすごいスピードで変化しています。契約が一般的になっている中で、歴史上、社会の実態と法の乖離がもっとも進んでいるのではないか。現代は、乖離ゆえに生まれるグレーゾーンの解釈がもっとも難しい時代でもあり、もっとも面白い時代でもあるというのが私の仮説です」

「法令遵守」からはイノベーションは生まれない。

「『契約』が一般化している一方で、日本人はルールを守ることは得意だと言われるけれど、ルールをつくることは上手ではないと言われています。先日、テレビでサッカー日本代表のハリルホジッチ監督とアーセナルのベンゲル監督の対談を観たんですが、そこでハリルが『日本人にはずる賢さが足りない』ってむちゃくちゃキレてたんです(笑)。この『ずる賢さ』を、ベンゲルは『自分寄りにルールを最大限に生かすこと』であり、そのようにルールを自分の有利になるよう最大限に生かすことは決してインチキなのではなく『知性の証明」だと言っていました。それが日本人には足りないんだって』

たとえば、アメリカをはじめ世界中の都市で展開されている配車サービス「UBER(ウーバー)」は、日本では法律に阻まれてなかなか広がっていません。また、民間人が空き家などを宿泊施設として貸し出せるサービス「Airbnb」も、日本の旅館業法や旅行業法、賃貸借契約、マンション管理規約などの壁に直面しています。一方アメリカでは、世界中の本を検索できるサービス「Googleブックス」は著作権侵害には当たらない「フェアユース」であるという判決が最高裁で下されたそう。

「アメリカ西海岸で頭角をあらわしている、いわゆる『ユニコーン企業』が手がける新サービス、イノベーションは、日本的な『法令遵守』という考え方からは生まれないと思う。これまで日本では『コンプライアンス』という言葉を『法令遵守」と訳してきたけれど、先ほど挙げた米国企業のように、新しいものを生み出そうとするときには、法令を守るだけでなく、既存の法律との整合性を柔軟に考えないといけません。コンプライアンスは、これらの企業では『企業が社会的に求められる責任を追求するための適正手続き』といった意味で捉えられています。この捉え方を表現できる、『法令遵守」と同じくらいキャッチーな新しい訳語を考えないといけないと思っています。たとえば『ウィン・ウィン』という言葉が、政府の書類で『戦略的互恵関係』なんて訳されてましたけど、名訳だと思う。みなさん、ぜひ一緒に『法令遵守』に代わるバズワードをつくっていきましょう!」

【クリエイティブディレクションのルール#1】
「コンプライアンス」の意味を問い直してイノベーションを生む