97 増田セバスチャン(アートディレクター / アーティスト)後編

増田セバスチャン_03

原宿のカワイイは、世界のKawaiiへ。21世紀に入ってから世界でもっとも広まった日本語かもしれないKawaii。その言葉にパワーを持たせたのは、アートディレクター/アーティストとして国内外で活躍する増田セバスチャンさんです。アートとファッション、エンターテイメントなど、様々な領域を横断しながら、Kawaiiカルチャーを発信し続ける増田さんに、そのクリエイションの原点や活動を振り返っていただき、六本木とKawaiiの可能性についてうかがいました。

>前編はこちら

update_2018.10.3 / photo_yoshikuni nakagawa / text_nanae mizushima

環境を打ち破るための "Kawaii"

ケイティー・ペリー

1984年アメリカ・カリフォルニア州生まれ。5歳の時にクイーンの『キラー・クイーン』を聞いて感銘を受け、音楽の道に進むことを決意。2007年4月、メジャー・デビュー。2013年10月にアルバム『プリズム』を発売。米ビルボードチャートシングルチャートで見事1位に輝いた。Kawaiiに精通する原色を多く使った個性的な着こなしが目立ち、ファッション界からも一目置かれている。大の親日家。日本生まれのキャラクター、ハローキティのタトゥーも入れている。

 "Kawaii"は、今や日本のポップ・カルチャーを形容する言葉として、世界各国で定着してきています。僕の肌感では、アメリカでは西海岸からそのムーヴメントが拡大しました。シンガーソングライター、ケイティー・ペリーの代表曲「カリフォルニア・ガールズ」のMVにもあるような、土地に根付いているポップでクレイジーな色彩感覚との相性が良く、感度の高い女の子たちが日本のファッションをミックスしたスタイルを広げて行ったのです。対する東海岸は、西海岸よりも人種や宗教、性別などに対して差別的な視線を受けやすい土地柄ということもあって、Kawaiiを、自分の置かれた環境を打ち破るための手段に用いている人が多いように思いました。そもそもKawaiiとは、見た目、形を指すものではなく、哲学であり概念......という意味では、東海岸の方がKawaiiの本質が急速に伝わっているように感じます。

 ニューヨークと言えば、僕は今、ニューヨーク大学の客員研究員を務めているんです。研究テーマは、アメリカのユースカルチャーと日本人アーティスト(芸術家)、そしてその関係性にどう今のKawaiiが結びついていくのか、といったことです。

 というのも1960年代から70年代に活躍した日本人アーティストが、当時のアメリカのユースカルチャー、特にクラブシーンに影響を残しているんです。そしてその影響が今、Kawaiiがアメリカで熱心に受け入れられている理由につながっているはず。それをちゃんと文脈立てて説明できるのではないかと思っていて、当時の歴史を辿りながら研究をしているんです。

ここから10年、ニューヨークを入口に世界で戦い抜きたい。

 来年から僕はニューヨークに半分、活動拠点を移す予定でいます。今、ちょうど向こうでスタジオを探している最中で。そう決断した理由はいくつかあるんですが、まず一番は、日本でアート活動をしようとすると、どうしてもスケールが小さくなってしまう傾向にあるから、それを避けたかったということ。予算の問題、相手の要望など、いろんな課題が出てきて、結果的に作品のスケールに関わってくるのがどうしても抵抗がありました。自分で考えたものをそのまま膨らませたい。作品のスケールを保ちたい。その想いが強くなって来て、海外に創作の場を移そうと決めたんです。

 じゃあなぜニューヨークだったのか。それは年齢的なことがあります。今、僕は48歳。アーティストとしてフレッシュな状態、精神的にも体力的にも無理がきく状態というのは、自分の年齢的にもあと10年かなって。じゃあその10年間をどこを中心にして戦うのか。それだったら嫌いな(笑)、ニューヨークだと思いました。

 ニューヨーク、旅行で行くぶんには楽しくて刺激的で好きな街です。でも住んでみると、ボクシングでいうところのリングみたいな感じで、全世界から集まって来た強者たちと無差別級で戦わせられるような街なんです。だから傷つくことも多いし、ダメージも大きい。だからこそ、アーティストとしては戦いがいがあると思ったんです。