82 泉麻人(コラムニスト)後編

int_82_main03.jpg

幼い頃から地図が好きで、その地図を片手に街歩きを重ねてきたコラムニストの泉麻人さん。ビルの狭間や路地裏を好んで歩き、いわゆる一般的なガイドブックからは溢れ落ちてしまう風景を独自の視点ですくいあげては、私たちに新しい東京の魅力を見せてくれる、いわば街歩きのスペシャリストです。そんな泉さんに街歩きの視点から垣間見る東京、そして六本木の街の魅力や可能性を伺いました。

>前編はこちら

update_2017.7.12 / photo_yuta nishida / text_nanae mizushima

六本木、昼と夜。

「ザ・ハンバーガーイン」

1950年、当時マッカーサー元帥の給料計算をしていたアメリカ人、ジョン・S・ウェッツスタインが日本初のハンバーガー店として飯倉片町にオープン。創業当時はまだ丸い"バンズ"が日本には無く、耳を落とした食パンが代用されていたのは有名な話。アメリカの味、文化を人々にいち早く届けた「ザ・ハンバーガーイン」は、その後、50余年に渡って六本木を代表するレストランとして営業を続け、2005年10月に閉店した。

 僕にとっての六本木の原風景といえば、東京タワーかな。高校2、3年の頃に、六本木交差点からロアビルの方に向かって歩いていく道の途中で見える東京タワーを見て、なんとも感慨深い気持ちになりました。
その当時の六本木は六本木交差点を中心に繁華街が形成されていましたが、昼と夜の街の風景にはちょっとギャップがありましたね。昼は今の原宿に少し近いというか、文化的な趣味嗜好の小さなお店が散らばっていたんですよ。そこをうろうろしたり、あとはハンバーガーショップの「ザ・ハンバーガーイン」か喫茶店「クローバー」が僕の憩いの場でした。

一方で夜になるとディスコやロックバーが若者たちの溜まり場に。友人たちとはしごしながらその途中に横目で見るライトアップされたロアビルがまるで白亜の城のように輝いて見えていたこともよく憶えています。そして六本木のはずれ、飯倉片町にはイタリア料理店キャンティ。多くの著名人が夜な夜な集うキャンティの前にはオープンカーがずらりと並んでいて、その光景も若い僕にはカッコよく映っていました。

その後1980年代後半に入ると、時代はバブル全盛期に。六本木交差点から六本木通りを溜池方面に向かう途中にできたスクエアビルは、10F建てのフロアのほとんどがディスコで埋まっていて、まさに当時の六本木のランドマークのような存在でした。 そんなディスコ夜遊び組みとは別に1983年、六本木WAVEができてからは、カルチャー好きの若者たちが六本木に多く集っていましたね。スクエアビルか六本木WAVEか。青春時代にここで過ごしたという著名人もきっと多いと思います。

個人の動機が街を変える。

 いろんな時代を経て今、六本木のランドマークと言えば、東京ミッドタウンや六本木ヒルズが欠かせませんが、人々の目的や行動がそこに集約されていくことで、街全体は少し空洞化している印象も正直あります。つまり六本木の全景が捉えられていないような感じがするんです。

例えば東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、芋洗坂とか、もっといろんな道、スポットをつないでいくことで、人々の六本木への目線や目的が広がっていくといい。

そのための一つとして、ユーザー側から街が盛りあげていくことが大切だと思います。東京ミッドタウンが建っているこの場所は、もともと防衛庁の檜町庁舎でしたけど、彼ら御用達のバーや喫茶店が少しずつ生まれるなかで街が賑わっていったように、これからの時代は小さな単位、個人的な動機を入り口に六本木が変わっていったらすごく面白いと思います。そういった意味では六本木は今、画廊やギャラリーが少しずつ増えてきているようなので、そこに僕は期待したいですね。