79 為末大(元陸上競技選手)後編

為末大(元陸上競技選手)

スプリント種目における日本初の世界大会メダリストで、2012年の引退後は、コメンテーターをはじめ幅広いジャンルで活躍する為末大さん。現在、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「アスリート展」では、展覧会ディレクターのひとりを務めています。テーマはずばり「六本木×未来×アスリート」、ふだんのクリエイターインタビューとは少し違った視点から語っていただきました。

前編はこちら

update_2017.4.26 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

少しだけ細かなことに気がつく、それがアスリート。

 アスリート展のディレクターズメッセージに、僕は「アスリートがいる世界は全く違う世界ではありませんが、少しだけ細かなことに気がつく世界です」と書きました。

 体操の2回ひねりも3回ひねりも、ほぼ一緒に見えるけれど全然違うじゃないですか。細部の違いがわかることでクオリティが全然変わってくるというのは、スポーツ以外の世界にもたくさんあるでしょう。端っこが尖っていようが丸くなっていようが、普通の人には関係ないけど、デザイナーからすると、その違いが大きいように。

ドーピングとAIは似ている!?

 アスリート性を身につけるメリットとしてわかりやすいのはヘルスケアの領域、身体を動かすのは健康にいいということ。それから、運動すると脳の神経細胞が増えるという研究もあって、僕はこれをけっこう信じています。

 もうひとつは今後、身体性の領域以外は人間の仕事ではなくなるんじゃないか、ということ。ドーピングとAIの議論ってすごく似ていて、両者の中核には「人間にしかできないことは何か」っていう問いがある気がします。

 マツダのあるデザイナーさんが、デザインはすべてソフトを使ってするけれど、最後に必ず粘土でつくって、さわって確認するという話をしていました。AIの最大の弱点は身体がないことで、今のところ触覚を認知に上げて学習することはできません。いろんなデータから、これが美しいと判断されているというのはわかっても、説明できない心地よさとか美しさを直感的に感じることはできない。だからこそ、身体をともなった高い感性が、人間のすごい武器になるんじゃないかな、と。

アスリート性は訓練すれば身につけられる。

 大事なのは、身体に関する自分なりのチェックリストを持つこと。朝起きたときにけだるい感じがするとか、歩いていて腰が落ちている感じがするとか、アスリートはそういう項目を頭の中にバーっと出して、総合的に調子を判断しています。きっとみなさんも、風邪の引きはじめに似たようなことをしているでしょう。

 もし5分に1回、自分を横から撮った写真がスマホで見られたら、猫背は直ると思うんですね。自分がハッとする瞬間を何回つくれるか。回数を重ねていけば、無意識で保てるようになるはずです。

 また、スポーツ心理学の原則は、コントロールできないものはあきらめて、コントロールできるものにフォーカスするということ。たとえば、緊張している自分の心にアプローチしても、実体がないのでほとんどワークしません。そこで、手が震えているなら、手が震えないようにするにはどうすればいいのか、心拍数が上がっているなら、心拍数を下げるにはどうすればいいのかを考える。

 具体的に身体に現れている現象をコントロールすると、結果的に心にアプローチできるというわけ。実際、僕も競技の経験から、緊張しないように"見せる"方法がわかりました。不思議なもので、それを繰り返していると本当に緊張しなくなるんです。