64 服部滋樹(graf代表)

服部滋樹(graf代表)

建築やインテリアデザイン、ブランディング、さらに地域再生まで、デザインの枠にとらわれない活動を続ける、graf代表の服部滋樹さん。一昨年「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」で行われた、森の学校 by 六本木未来会議では「思考」の授業を担当してくれたことでもおなじみ。そんな服部さんに語ってもらうテーマは「六本木×未来×生活」。暮らしではなく生活、というのがポイントです。

update_2016.2.3 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

五感を震わせるデザインやアートが、きっかけになる。

森の学校
六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#04として「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」期間中に開催。服部氏は2014年に登場、「伝統工芸をデザインすれば○○になる」をディスカッションする「Q&A&Q」を担当。写真の黒板と本棚も、grafによるデザイン。

 生活というのは、読んで字のごとく「生きる活力」と書くわけですよ。最近、入院をしたから余計にそんなことを考えたんですけど、テクノロジーもそうだし、医療だって、すべては生きる活力を生み出すためにあるべき。でも、たとえば病院は、今現在の処置をすることに特化しているから、未来があんまり見えてこない。もし希望が持てる病院づくりをしようと思ったら、たぶん機能性だけで構成された、ああいうものにはならないと思うし。

 かつては、文化や経済などすべてのものが生活の中に含まれていて、それらが人に生きる活力を与えていました。でも20世紀に、機能性や効率性を重視するあまり、アウトサイドに出ていってしまった。生活を正しい形に整頓していくためには、それらを元に戻してあげること、デザインとかアートの役割もそこにあるんだろうなと思っています。

 なぜなら活力を生み出すためには、やっぱり五感を震わせる必要があって、それができるのがデザインとかアートだから。視覚や触覚や味覚といった五感を駆使することで、何かに気づいたり、アイデアが浮かんだり、「あっ、こういうことだったら私にもできるかも」と感じて、少しだけステップアップしようと思えたり。そういうきっかけさえ与えてあげられれば、人の活力は満たされる。生活って、本当はそういうものだったはずなんですよ。

スタートラインに戻って、改めて生活をつくっていく時代。

 たとえば、道具を使いこなせる能力も生きる活力の第一歩でしょう。僕らのじいちゃんとかばあちゃんたちは、ひとつのものを多様に使いこなしていたじゃないですか? そういうアイデアを持って生活することができていた。パスタを食べようとするとき、僕らはまず「パスタパン買わなあかんわ」と思っちゃう。本当は鍋と水さえあれば湯がけるはずなのに......。

 どんな道具でもいいんだと気づけないこと自体、一歩出遅れている。機能に特化していて、細分化されすぎた道具で生活をつくってしまったがゆえに、アイデアを生み出せなくなっちゃった。そんな出遅れた状態からスタートラインに戻して改めて生活をつくっていかないといけない、それが今だと思うんです。

 これからはテクノロジーやサイエンスといった分野でも、五感に響くアウトプットが求められる時代になるでしょう。ただ、テクノロジーやサイエンスは専門性の高い分野だから、理解されるまでがなかなか難しい。専門性の垣根を越えるためにはデザインの力で噛み砕いてあげること、そう、デザイン的トランスレーション(翻訳)が必要だと思うんですよね。

アイデアは"不便なテクノロジー"から生まれる?

 みんながアイデアを生み出せるようになるには、どうしたらいいか。それは簡単で、不便にすればいいんですよ。僕らはデジタルの時代になって便利になったと感じているけれど、デジタルが不便だったら、それを使いこなす能力自体は高まるし、アイデアも湧くと思うんです。テクノロジーは何かを便利にさせてくれるもの、でも、それを逆転させるべきときかもしれない。

 バーチャルフードって知ってます? バーチャルグラスをかけて、プレーンなクッキーを見る。すると、チョコレートクッキーに見えて、それでカロリーコントロールするんです。視覚情報を変えるだけで、"豊か度"は上がっているのに、体にはプレーンのまま入っていく。これってだまされてるよね? しかも、わざわざ眼鏡をかけるという不便さもある。そういう逆転がどんどん起こっていくし、不便なテクノロジーから発想が生まれていくような気がして。

 テクノロジーが脳をハッキングしながら、体をよくしていく。それはデジタルじゃなくてアナログでもできると思う。たとえば、これ押したら電気がつくんじゃないかと思ってスイッチを入れたら、別の反応が起きたり。ブレインハッキング、フィジカルハッキング......六本木が最先端の街だとするなら、「みんなだまされてない?」っていうメッセージを問いかけていけたら面白い。