39 吉岡徳仁(デザイナー)

吉岡徳仁(デザイナー)

 けやき坂にある「雨に消える椅子」、21_21 DESIGN SIGHTでの「セカンド・ネイチャー展」に、森美術館での「ネイチャー・センス展」。世界的に活躍するデザイナー・吉岡徳仁さんが、六本木に関わりはじめて、もう10年以上。かつて、この街が「未来に一番近い街になるといいな」と感じていたという吉岡さんが語る六本木、そしてこれからのクリエイションとは?

update_2014.2.19 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

新しいスタートとともにはじまったプロジェクト。

ROPPONGI THINK ZONE

ROPPONGI THINK ZONE
2001年、六本木ヒルズ開発のプレ・プロジェクトとして、六本木通り沿いにオープンしたアートスペース(現在は閉館)。14×18mの巨大スクリーンを床面に配し、映像や音響を交えた最先端のアートイベントが数多く行われた。
photo:Jun Kumagai

雨に消える椅子

雨に消える椅子
2003年に六本木ヒルズストリートスケーププロジェクトのひとつとして設置された作品。水の中にガラス片を入れるとその輪郭がだんだんと消えていくように、雨の日にはまるでその姿が消えるかのように見える。
photo:Mori Building

 六本木で、僕が最初に関わった大きなプロジェクトは、2001年に六本木ヒルズのプロモーション施設としてオープンした「ROPPONGI THINK ZONE」の建築と空間のデザインでした。1990年代、ベルリンの壁が崩壊したドイツで、街の中心部の再開発が行われた際、多くの企業や建築家が集まってインフォメーションセンターのような場所をつくりました。それを超えるような、社会にプレゼンテーションできる場所を六本木に、ということで、はじまったプロジェクトです。

 僕自身、2000年に独立して事務所を設立したばかりで、ちょうど新しいスタートのタイミング。もちろん建物一棟のデザインを手がけるのも初めてでしたし、他にも、けやき坂のストリートファニチャー「雨に消える椅子」の制作をはじめ、さまざまなチャンスをいただきました。

 ストリートファニチャーは、公共の場所への設置ということで許可も必要なため、とても長い時間がかかるプロジェクトでした。普通こういった多くの人たちが触れるものにガラスを使用することは少ないのですが、半永久的な素材ですし、朽ちていかないのが最適だと思って選びました。イメージしたのは、待ち合わせのときに「あのガラスの椅子にいるよ」と、簡単にイメージが湧いてくるような作品。僕、今でも六本木に行くと、雨に消える椅子に挨拶するんです。「元気?」という感じで(笑)。

未来に一番近い場所、六本木。

 当時は、わずか十数年で、六本木がこれほど変化するとは、まったく想像できませんでした。ただ、六本木ヒルズの構想を進めていた森ビルから、街の将来像について話を聞くなかで、漠然と「ここが未来に一番近い場所になるといいな」と感じていました。

「未来に一番近い場所」といっても、未来=テクノロジーだけではありません。より正確にいえば、"ヒューマンでありながら未来を感じられる街"。仕事をしたり、食事をしたり、この街で日々生活をしていくわけですから、人のライフスタイルについてどれだけ考えられているかということが重要になります。

 一番驚いたのは、ビルの上に美術館をつくる計画があったこと。本当に高いところに作品を持っていくことができるんだろうか、人の流れはどうなるんだろうか。そんな議論もされていましたが、できあがってみれば、これだけたくさんの人を集める施設として成功しました。世界でも、これだけ高いところにある美術館はないんじゃないでしょうか。

 美術館があることで文化の発信地にもなったし、その後、東京ミッドタウンなどができた相乗効果もあって、街を活性化するイメージも、より明確になってきたと感じます。今は、デザインやアート以外にも、食をはじめ、さまざまなライフスタイルが完結できる面白い街になりました。

「ここでしか体験できないもの」がある街がいい。

森美術館

森美術館
六本木ヒルズ森タワーの最上階、53階に設けられた美術館。2003年のオープン以来、現代美術を中心とした企画展を数多く行っており、現在は10周年記念展として「アンディ・ウォーホル展 永遠の15分」を、2014年5月6日まで開催中。
© 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York Marilyn Monroe™; Rights of Publicity and Persona Rights: The Estate of Marilyn Monroe, LLC marilynmonroe.com

 開発が進んでいくとどうしても、似たような街や建物が増えてしまうものです。そして、新しい場所ができればそこへ人が集中し、しばらくするとまた別の場所に移行していくという繰り返し。そのなかで個性を出していくには、「ここでしか体験できないもの」があると、とてもいいと思います。

 森美術館の成功もそうですし、ミッドタウンにも21_21 DESIGN SIGHTがあって、秋のデザインタッチをはじめ、いろいろなイベントを開催しています。デザインやアートの街、言い換えれば、それは「文化」といってもいいでしょう。

 かつて日本の街は、いかに都会になるかということを目指して発展し、変化してきました。しかし現在では、それぞれの土地の特徴を明示しなければ支持されることはありません。これは街だけではなくて、国や地方レベルでもそうでしょう。特徴があって、違いが鮮明に見えるからこそ、その場所を魅力的で面白いと感じるのです。