34 山中俊治(プロダクトデザイナー)

山中俊治(プロダクトデザイナー)

8月24日、東京ミッドタウンのアトリウムで開催された「Midtown Design & Art Live」。イベントの中で行なわれた六本木未来会議の公開インタビューには、プロダクトデザイナーで東京大学教授でもある、山中俊治さんをお招きしました。ステージを見つめる多くのお客さんに、「六本木って"脈絡"がないですよね......」とカジュアルに語りはじめた山中さん。さて、その"脈絡"とは、いったいどんなことを意味しているのでしょう。

update_2013.9.4 / photo_ryumon kagioka / text_kentaro inoue

「脈絡のなさ」が魅力でもあり課題。

「骨」展

「骨」展
洗練された構造の生物の骨をふまえながら、工業製品の機能と形との関係に目を向けた、山中俊治氏ディレクションによる展覧会。キーワードは「骨」と「骨格」。12組の作家による作品を通じて、「未来の骨格」を探っていった。

 2009年に、21_21 DESIGN SIGHTで「『骨』展」という展覧会をしたことがあります。一般的にデザインというと、色や形といった表面的なものだと思われていますが、仕組みや構造まで考えて、中からデザインしなければいいものはつくれません。動物の骨格って、すごくきれいなんです。そこで、生き物の骨と人工物の骨、つまり工業製品の中身や構造を一緒に見せて、みんなで考えることができないだろうか、ということで企画をしました。

 今回、六本木について話してほしいと言われて思ったのは、ここには「骨」がないんじゃないかということ。どんな街だったかを思い浮かべても、あれもあるしこれもあるしとなるばかりで、一言では説明できない。その「脈絡のなさ」が魅力であり、課題でもあるんだろうなって。

デザインについて知ることができる街。

AXIS
1981年に活動を開始、雑誌『AXIS』の出版をはじめ、デザインを中心とした幅広い事業を手がける。飯倉片町のAXISビルには、AXISギャラリーほか、直営店舗「LIVING MOTIF」をはじめ、レストランやスタジオ、書店なども。

 この街と深く関わりをもつようになったのは1980年代の初め頃、私がデザイナーになったばかりのことです。AXISができて、雑誌が出版されたり、ビルの中にはデザイン系のテナントやギャラリーが入っていたり。少し離れていますが、反対側の乃木坂には「TOTOギャラリー・間」なんかもあって、私にとって六本木は、デザインについてのいろいろを知ることができる街だったんです。

 会社をやめて独立してからは、長い間、南麻布にオフィスを置いていましたし、実は六本木1丁目に住んでいたこともあります。ホテルオークラの近くで、東京タワーがどーんと見えるのがお気に入りの部屋でした。ある日、向こう側からも見てみたいと思って、東京タワーの展望台に上って望遠鏡で眺めてみたことがあるんです。そうしたら、ご飯を食べているところまではっきり見えて、もうカーテンは開けられないな、と(笑)。それが直接の理由ではありませんが、住みやすい感じはしなくて、1年足らずで引っ越してしまいました。

「ワンダーランド」が消え、ビジティングするだけの街に。

 時期は前後しますが、私が学生だった頃、六本木には東京大学生産技術研究所という施設があって、ときどきそこを訪れていました。今は六本木ヒルズになってしまった六本木6丁目のあたりとか、まわりには小さな住宅が密集する不思議なエリアがたくさんあったんです。そういう「ワンダーランド」がどんどん消えて、わかりやすい商業施設に変わっていった。そして今や、いろんなものがそろっているけど、目的のところに行って見て帰っておしまい。「ビジティングするだけの街」になってしまったわけです。

 それがよくないことなのかどうかはわかりませんし、それでいいという考え方もあるでしょう。私はそもそも都会暮らしがあまり得意ではなくて、六本木が好きかと問われると、いや別に......と答えてしまうようなタイプ(笑)。昼の姿はよく知っていますが、夜の六本木については「飲む場所」という漠然としたイメージがあるくらいですから。商業施設と商業施設の間には、まだまだ不思議なエリアも残っていますしね。