12 佐藤可士和 (アートディレクター)

佐藤可士和

企業をはじめ幼稚園のブランディングや、病院のプロデュースまでを手掛けるアートディレクターの佐藤可士和さん。話しを伺ったのは今年5周年を迎えた〈国立新美術館〉で、ロゴマークやサイン計画を手掛けたのも佐藤さんだ。著書には、超整理術、デザインペディア、クリエイティブシンキングといった言葉が並び、問題をロジカルに解決していく佐藤可士和流「デザインの考え方」は幅広い分野から頼りにされるところ。では、佐藤さん、六本木をアートとデザインの街にするには、どうしたらいいでしょう?

update_2012.10.3 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

まずはインパクトから考える。

クリスト&ジャンヌ=クロード

クリスト&ジャンヌ=クロード
夫婦で活動をしている美術家。過去にはドイツの国会議事堂を布で包んだこともある。写真は1968年、2,430平方メートルの布地をスイスのベルン市美術館を包んだ作品。2009年11月18日惜しくもこの世を去ったジャンヌ=クロードを追悼するため、21_21 DESIGN SIGHTで特別展「クリストとジャンヌ=クロード」展が開催されたのは記憶に新しい。

 僕はブランディングやコミュニケーションの仕事をしているので、いつも「インパクト」について考えているんです。六本木をデザインとアートの街にしていくのだとしたら、分かりやすくて「インパクトがあること」をいかに起こすか、ということをまず考えた方がいいと思うんですね。

 たとえば〈六本木ヒルズ〉や〈東京ミッドタウン〉のような大きな施設の建物をそのままアートにする。現代アートの作家でクリスト&ジャンヌ=クロードという人たちがいるのですが、彼らはパリのポン=ヌフ橋やベルリンの帝国議会議事堂といった大きな建造物をまるごと布で「梱包」してしまう。その作品を世界中からたくさんの人が見に行くんですね。建物をまるごと扱うようなスケールでも、他にもっと、いろいろとアイディアはあると思うんですけど、とにかく大きいもの、バカデカイって言ったほうが伝わりそうなくらい巨大なものがいい。

空から見ても分かるスケール。

 現実的に可能なのかは置いておいて、〈国立新美術館〉の建物に巨大な人物が腰掛けているとか、〈六本木ヒルズ森タワー〉に大きな何かが掴まっているとか。遠くから見ても分かるものがいいと思う。上空から見たら怪獣か何かが街にいるみたい! っていうだけでもインパクトありますよね。そこに現れるものが安っぽい偽物ではなく、作品としてのクオリティも高いものだったら面白いんじゃないかな。

 人間って巨大なものに惹かれるところがありますよね。お台場に等身大のガンダムがあると、たくさんの人が見に行く。〈スカイツリー〉だって巨大なオブジェとして見に行っているとも言える。そういう分かりやすいインパクトによって、お台場に興味がなかった人の目もお台場に向かせることができたり、スカイツリーの周りの街も話題になったりする。つまり「関心のない人たちに関心を持ってもらう」ためには、インパクトが必要だということでしょう。

関心が集まらないと何も始まらない。

 やっぱり関心が集まらないと、盛り上がらないですよ。ブランディングや広告の仕事をしている実感から言っても、何らかの形で注目されないと、何も"コト"が起きない。そして、その「関心を集める」ということは、簡単なことではない。大事なのは「業界の外側」に向かっていくこと。ファッションから自動車、食品など、さまざまな分野で仕事をさせていただいていますが、それぞれの業界の外側に飛び出すようなインパクトがなければ決してニュースにはなりません。

 ですから六本木をアートやデザインの街にしたいのなら「アート界やデザイン界」を飛び出して一般的な社会事象として魅力的に見えるようなことじゃないとダメだと思います。アート=分からないもの、デザイン=表面的なもの、という誤解もまだまだ少なくないでしょうし、たぶん、アートやデザインなんて嫌いだっていう人だって多いと思うんです。それは業界の内側に向かってしか発信してこなかったからかもしれない。六本木という場所で、もっと多くの人とアートやデザインで盛り上がろうと考えるなら、「アートなんて嫌いだ」っていう人にこそ面白いと思ってもらえるようなことをやらなければならないですよね。