07 中山ダイスケ (アートディレクター)×古田秘馬 (プロジェクトデザイナー)

中山ダイスケ×古田秘馬

現代美術作家として世界的な評価を得る傍ら、商業空間などのアートディレクターとしても活躍する中山ダイスケさん。その中山さんが、六本木について考えるならぜひ、と対談相手に選んだのが六本木生まれの六本木育ち、今もこの地にある実家を活用して活動するプロジェクトデザイナー、古田秘馬さんでした。実家の一部を改装し、農業実験レストラン「六本木農園」を始めた古田さんは、まさに、次世代の六本木を担うキーパーソンのひとり。対談は、普段から中山さんも通っているというその「六本木農園」にて行われました。

update_2012.7.18 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

六本木はカオスのような現代版・出島。

古田ここはアートとデザインの街です、って、その街が自ら言うことじゃなくて、周りから言われる話だろうと思うんですよね。だって「僕、イケメンです」って、自分で言わないでしょ。周りから「あの人、イケメンだよね」って言われてそういう立ち位置になったりするわけで。僕はアートもデザインも好きだし、六本木住民としては格好のいい街にしたいという気持ちはもちろんあるけど、街のイメージを上から載っけるのは、違うと思うんですよね。

 それって、ある地方自治体に行って「ここは栗が有名だから栗の町にしよう」と、いきなり決めちゃう感じに似ていて、住んでいる側からすると、誰のために「アートとデザインの街」にするのか。来る人のためなのか、住んでいる人のためなのか、それとも、将来ここで仕事をする人のためなのか、いろんな角度での考え方があると思うんですね。

中山アートとデザインというのは今、街のつくり方の教科書のようになってしまっていて、むしろ特徴を失っていますよね。分かりずらいものをアートに喩えると、何となく面白いイベントになるし、ちょっと変わった人をアーティストと呼んでしまえば、何となく面白い人が集まっている的な。

 でも六本木って、もともと面白いことも変わっているものも既に地盤としてあるような気がするんですね。外国の人がいっぱいいて、飲み屋街には多様な「俗」がちゃんとあって、混沌としているから、そのエナジー自体がむしろ、アートかもしれない。

古田そうですね。やっぱり六本木は多様性のある街だと思うんですよね。何でもありみたいな。だから僕は、六本木は「現代版・出島」だと思っているんです。江戸時代の、出島だった頃の長崎ってきっとカオスだったし、海外からいろんな人たちも来ていたし、坂本龍馬のような若者も皆そこで刺激を受けた。いろんなものがあって、いろんな人たちが住んでいて、そこに大人のユーモアや遊びがある。そういう意味では、長崎は当時の「デザインとアートの街」かもしれない。

中山「出島」って表現はうまいね。だったら六本木はいっそもっと国際化しちゃうというのもありだよね。夜遊びたい海外からの観光客だけではなく、外資系の企業の人たちや海外からの留学生が普通に住んでくれたらいいのかもしれない。

住んでいる人から沸き起こるエネルギー。

国立新美術館

国立新美術館
2007年に「森の中の美術館」を建築のコンセプトに開館した、国内最大級の美術館。設計は黒川紀章氏が行い、ロゴデザインは佐藤可士和氏によるもの。館内にはミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」や、3つのカフェに1つのレストランもある。
東京都港区六本木7-22-2

中山六本木が「デザインとアートの街」であるという要素はもう既に揃っていると思うんです。昔は「WAVE」もあったし「AXIS」もあって、ヒルズができて、ミッドタウンができて、「森美術館」も「21_21 DESIGN SIGHT」も、「サントリー美術館」も「国立新美術館」もある。街の面積に対するアート関係の施設の面積でいえば、たぶん国内でも上位でしょうし、外からはもうとっくに、デザインとアートの街と見られているはずなんです。

でも、来ているのはほとんど外の人。街の人が外からのお客さんを受け入れることばかり考えると、商売としてここにいることになってしまう。本当に面白いのは、住んでいる人から湧き起こってくるエネルギー。六本木の住民がよく行く近所の公園がミッドタウンの芝生広場だった最高だし、いつも絵を見に行く場所が「国立新美術館」だったらいいよね。

古田もっと六本木が日常になって欲しい。六本木全体がひとつの美術館みたいに捉えられてしまうと、非日常の場としてアートを観て、デザインを学んで帰るだけになってしまう。今、非日常の豪華さよりも、日常の充実のほうが価値がある時代ですよね。「リア充」なんて言葉もあるけど、3.11以降は特に、本当の意味で皆がそれを求めている。

 仕事で地方の離島に行くと、漁師のおじさんたちのほうが格好いいな、と思うことがあって、それは単に懐かしいとか、田舎がいいとかじゃなくて、ちゃんと「彼らの生活の中にデザインが組み込まれている」格好よさだと思うんですね。六本木には建物は沢山あるけれど、そこに生活があるのか、その生活にちゃんと周りの環境が組み込まれているのかというと、ギャップがまだまだあるなという気がします。