05 谷尻 誠 (建築家)

谷尻 誠

住宅から商業施設、展覧会の会場構成など、幅広い分野の空間デザインを手掛ける建築家の谷尻誠さん。その谷尻さんが、本拠地・広島のみならず、東京、そして海外でも活躍するきっかけになったと語るのが、2008年と2009年に行った「DESIGNTIDE TOKYO」の会場構成だ。場所はここ〈東京ミッドタウン・ホール〉。久しぶりにホールを訪れた谷尻さんは懐かしそうに周囲を見渡し、自身が新しい一歩を踏み出したこの場所で、六本木の未来を考えます。

update_2012.6.20 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

既にあるものをアートに変換する。

 ある限られた期間だけではなく、もっと日常的に、六本木をデザインとアートの街にしていく。それなら僕は、既にあるものをアートに変えたい。アートって、美術館のような見るべき場所に行かないと見られない、というイメージがありますよね。でも僕は、街を歩いているだけで「いつの間にか見ているもの」がアートになっているほうが、面白いんじゃないかと思うんです。

 気づくと、ここにもある、あそこにもある、というように、だんだん増えて繋がっていく。そうすると、見る側の視点が変わり始める。アートはどこ? と探し始めることで、アンテナの張り方も変わる。その視点や感覚の変化が、本来アートの効果だと思いますし、信号機だったり雑居ビルだったり、普段よく目にしているものが全く違う現れ方になることで、街が変わっていけばいいな、と思います。

滝で車を止め、ビルに服を着せる。

tanijiri

DESIGNTIDE TOKYO - インテリア、プロダクト、建築、グラフィックにテキスタイル、ファッションなど様々なジャンルから集まったクリエイターのデザイン活動を発表するためのエキシビジョン。画像は谷尻さんが会場構成を担当した DESIGNTIDE TOKYO 2008 年、2009年の様子(会場:東京ミッドタウン・ホール)。

 具体的には、たとえば、横断歩道なんてどうでしょう。人が道を渡るときだけ、ダーっと両側に滝ができる。海を割ったモーゼみたいな気分で渡れる(笑)。つまり、人が通るために車を一時的に止める方法は、信号機だけではない、ということに気づけば、いろんなことが考えられる気がするんです。

 建物に服を着せる、というのも以前からやりたいと思っていることのひとつです。古いテーブルにレースのテーブルクロスかけ、新しいものに転換するのと同じで、古いビルにレースの服を着せてあげると、それ自体が新しい価値を持ち、作品化しますよね。ビルの壁を塗るとなると、その場で何日も作業するための足場が必要になりますが、服なら別の場所で作れるし、脱ぐこともできる。「DESIGNTIDE TOKYO 2008」でも「布の建築」をテーマにしましたが、日本のファブリックのテクノロジーは世界の最先端をいっているので、もっと面白い使い方が出来るんじゃないかな。

あのリッツがギャラリーに!?

 期間限定のイベントでデザインとアートの街をアピールするのであれば、六本木の〈ザ・リッツ・カールトン東京〉(以下リッツ)の部屋を、ギャラリーにしてみたいですね。ホテルの部屋は昼間空いているのだから、その時間に作品を飾って、部屋の数だけ小さなギャラリーがあるという考え方で開放する。普段リッツに入れる機会は少ないけれど、ギャラリーであれば入りやすいし、泊まる人はアートと一緒に長い時間を過ごすことができる。

 絵を飾るとそこをギャラリーと呼び始めるわけで、ホテルなのかギャラリーなのか、その両方である、という状態があってもいい。平面の作品だけではなく、ベッドや寝具が作品になっていてもいいし、そういう状況自体が何だか楽しそうですよね。