03 柴田文江 (インダストリアルデザイナー)

shibata1

2011年度・毎日デザイン賞を受賞するなど、日本を代表するインダストリアルデザイナーのひとりとして活躍する柴田文江さん。今年で5年目となるアートとデザインのコンペディション「Tokyo Midtown Award」の審査員をはじめ、デザインハブの企画展参加など〈東京ミッドタウン〉との関わりも深い。自身の事務所を構えているのも六本木だ。そんな柴田さんの、六本木をデザインとアートの街にするアイディアとは。

update_2012.6.6 / photo_taro hirano / text_tami okano / edit_rhino

みんなデザインの中に生きている。

 六本木をデザインとアートの街にしていく。そのために、もし私が何かひとつプロジェクトを始めるとしたら、デザインのワークショップか、体験型のイベントを企画してみたいですね。「自分もデザインの中に生きている」ということを、もっとみんなに実感してもらいたい。

 デザインを自分の中に取り込むことは、人間らしく生きていくことでもあるし、毎日を大事にすることでもある。だから、ワークショップやイベントで「今日ちょっと楽しいな」と思えることができて、しばらく経ってから「ああ、あれがデザインなんだな」と分かる、そんな機会がつくれたらいいですね。

 デザインは、誰の生活からも切り離せないものです。そして、アートを「暮らしの一部」として体験することができれば、世界の見え方はぐっと広がっていく。

デザインやアートは「毎日が充実すること」のひとつ。

 そもそも、デザインやアートって、大人や専門家のものになりがちですよね。でも、本当に六本木がアート&デザインの街になっていくためには、子どもや家族連れで遊びに来るような人たちがポイントだと思うんです。そういう人たちがアートやデザインを特別なものではなく、「自分たちの毎日が充実すること」のひとつとして捉えられるような場になること。

 その意味では、東京ミッドタウン(以下ミッドタウン)が果たす役割は大きいと思います。子どもからお年寄りまで、幅広い層の人たちが来ますし、専門性と、ごく普通の、毎日の暮らしとが両立しているのがミッドタウンの良さだと思うので。

 事務所を六本木に移して5年、ミッドタウンは私の生活圏でもあり、ほぼ毎日通っています。ランチなら、マンゴープリンで有名な中華の「火龍園」、ピッツェリアの「ナプレ」、「平田牧場」のとんかつ、魚屋さんの「鈴波」など、相当、詳しいです(笑)。で、いつも行ってるから当たり前だと思っていたんですけど、先日、久しぶりに原宿へ行った帰りにミッドタウンに寄って、ここ、特別だなって改めて思ったんです。

東京ミッドタウンのスペシャリティ。

shibata1

2012年3月に開催された、六本木地区の美術館や商店街など、地域が一体となったアートイベント「六本木アートナイト2012」。写真は六本木のあちこちに出現した草間弥生の作品の一部です。

 ミッドタウンに来ている人たちからは、身の回りに対する関心の高さや毎日の生活を大切にする姿勢が感じられる。そういう人たちが集まっている場所から発信されていく情報を、もう少し、横に広げていく方法も考えられるんじゃないかなぁ。まあ、いろんな打ち上げ花火をたくさん上げるという方法もありますが、やっぱり重要なのは、いまやっていることの「深度」を深めていくこと。六本木が街をあげて取り組んできたことってありますよね。たとえばミッドタウンなら、「六本木アートナイト」もそうですし、コンペディション「Tokyo Midtown Award」なども。そういった試みの深度を深め、より多くの人に伝えること。地味ですが、それがアート&デザインの街にしていくための一番重要なことだとも思います。