INFORMATION

INFORMATION
2018.07.18 Wed - 2018.09.02 Sun

サントリー美術館「琉球 美の宝庫」

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、独自の美が生み出された海上王国でした。15世紀に統一王朝が成立し、400年以上にわたって東アジアを舞台に"万国津梁(世界の架け橋)"として繁栄した琉球王国は、諸国の至宝で満ちていたといわれています。

本展覧会では、鮮やかな紅型に代表される染織や、中国・日本から刺激を受けて描かれた琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの技法を使ったきらびやかな漆芸作品を中心に琉球王国の美をご紹介します。なかでも、近年の東京でまとまって公開されることがなかった琉球絵画は見所のひとつです。首里王府の染織や漆器のデザインには絵師が関わっていたとされており、染織・絵画・漆芸を特集することで琉球の美術を総合的にとらえ、その実像に迫ります。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ現在に守り伝えられた優品が集う貴重な機会であり、とくに首里王府を治めた尚家に継承された「国宝 琉球国王尚家関係資料」は必見です。

会場
サントリー美術館

会期
2018年7月18日(水)~9月2日(日)

開催時間
10:00~18:00
※金・土曜日は20:00まで

休館日
火曜日(8月14日は18:00まで開館)
※shop×cafeは会期中無休

観覧料
一般1,300円、大学・高校生1,000円

オフィシャルサイトで詳細を見る >

< 一覧に戻る