INFORMATION

INFORMATION
レオン・バクスト
「青神」の衣裳(《青神》より)1912年頃
オーストラリア国立美術館
2014.06.18 Wed - 2014.09.01 Mon

魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展

1909年にパリで鮮烈なデビューを果たしたバレエ・リュス(ロシア・バレエ)は、革新的なステージにより一世を風靡した伝説のバレエ団です。主宰者セルゲイ・ディアギレフ(1872-1929)の慧眼により、同バレエ団はワツラフ・ニジンスキー(1889-1950)をはじめとするバレエ・ダンサーや振付家に加え、20世紀を代表する作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)ら、数々の新しい才能を輩出しました。ロシアのエキゾティシズムとして人気を集めたバレエ・リュスは、やがてピカソやマティス、コクトー、ブラック、ローランサン、シャネルら、当時パリで活躍していた前衛の若手アーティストを取り込み、新しいスタイルの「総合芸術」として、バレエだけでなく美術やファッション、音楽の世界にも革新と興奮をもたらし、大きな影響を与えました。

本展では、オーストラリア国立美術館が有する世界屈指のバレエ・リュスのコスチューム・コレクション32演目、約140点の作品を中心に、デザイン画や資料などと併せて、これまでにない規模でその魅力の全貌を紹介します。

会期
2014年6月18日(水)~9月1日(月)

開館時間
10:00~18:00
※金曜日、8月16日(土)、23日(土)、30日(土)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

休館日
毎週火曜日休館
ただし、8月12日(火)は開館

入場料
一般1,500円、大学生1,200円、高校生600円、中学生以下無料

お問い合わせ先
ハローダイヤル
TEL. 03-5777-8600

オフィシャルサイトで詳細を見る >

< 一覧に戻る