アイデア実現プロジェクト#04 森の学校 by 六本木未来会議

  • 1限自己
  • 2限生命
  • 3限適当
  • 4限五感
  • スピンアウト
椿昇校長、長嶋りかこ校長

想像の森

ヘンテコ動物のお面を作ってかぶり、五感と想像力を頼りに想像の森を探検しましょう。

椿昇校長(現代美術家)、長嶋りかこ校長(グラフィックデザイナー)

ヘンテコ動物のお面を作ってかぶり、五感と想像力を頼りに想像の森を探検しましょう。お面をかぶった参加者は目の見えない想像上の動物になって、果物や木の実を探しに森へ探検に出かけます。森の探検で感じたことを“言葉”以外の方法で新しいカタチにしてみましょう。椿昇校長と長嶋りかこ校長が案内役となり、ミッドタウン・ガーデンがみんなの想像の森へ変わります。

日時:2014年11月2日(日)15:30~17:00(予定)
会場:森の学校(ミッドタウン・ガーデン内 芝生広場横)、ミッドタウン・ガーデン
参加費:無料
定員:20名(先着順)
対象年齢:小学生以上
雨天:東京ミッドタウン・プラザB1F・インフォメーションカウンター前特設会場で実施(予定)
募集締切:2014年10月23日(木)24:00まで ※定員となったため、募集は終了いたしました
※定員になり次第予約を締め切ります。
※お申し込み手続きが完了したお客様には、先着順にお申込みから3日以内(土・日祝を除く)に、
 ご案内通知メールを送らせていただきます。
※残念ながら今回先着にもれたお客様にはメールをお送りいたしませんので、予めご了承ください。

椿昇氏
京都造形芸術大学美術工芸学科長・教授。1953年京都市生まれ。1993年のベネチア・ビエンナーレに出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表。2009年、京都国立近代美術館で個展「椿昇 2004-2009:GOLD/WHITE/BLACK」を開催。2013年には、瀬戸内芸術祭の醤の里と坂手港地区ディレクションも務める。

長嶋りかこ氏
グラフィックデザイナー。1980年生まれ。博報堂を経て2014年デザイン会社「village ®」設立。主な仕事に、 BAOBAO ISSEY MIYAKE×Rikako Nagashima「FREE HAND BAG」、坂本龍一ゲストディレクターによる札幌国際芸術祭2014、zucca 「zucca dayz」など、グラフィックデザインを基軸に、ブランディング、CI、VI、プロダクトデザイン、サイン計画、アートディレクションなどを手がける。

募集終了

> 時間割を見る