NEWS

2018.03.14

【読者プレゼント】森美術館「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」のご招待チケットを5組10名様にプレゼント!

今回は森美術館で開催の「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」ご招待チケットをプレゼントいたします!

プレゼント詳細へ>

2018.03.14

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#15 「六本木、旅する美術教室」 第2回 コピーライター梅田悟司のメディアアートの見方【後編】

『Media Ambition Tokyo(MAT)』を舞台に、一般のお客さんも参加した「六本木、旅する美術教室」。普段はコマーシャルアートに携わっているコピーライターの梅田悟司さんと、MAT2018実行委員会の杉山央(すぎやま・おう)さんと浜田具(はまだ・とも)さんに、メディアアートの変遷を踏まえて、その楽しみ方や、教育にどう取り入れていくべきかをうかがいました。

インタビューを読む >

2018.03.14

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#15 「六本木、旅する美術教室」 第2回 コピーライター梅田悟司のメディアアートの見方【前編】

第2回の舞台となったのは、今年で6回目を迎えたテクノロジーアートの祭典『Media Ambition Tokyo(MAT)』。コピーライターの梅田悟司さんをお招きして、MAT2018実行委員会の杉山央(すぎやま・おう)さんと浜田具(はまだ・とも)さんにガイドをしていただきながら、今回の教室は一般の方も参加できるツアー形式にて開催しました。近年盛り上がっているメディアアートは、一体どんなふうに楽しめばよいのでしょう。

インタビューを読む >

2018.02.28

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07「六本木未来大学」第16回「中村勇吾さん、 デジタル世代のクラフツマンシップって何ですか?」講義レポート【後編】

Webやスマートフォンアプリ、映像など、オンスクリーンメディアで幅広くデザイン、ディレクションを手掛けるthaの中村勇吾さん。常に期待と驚きを与え続ける、そのクリエイティブは、どんな思考、思想から生まれているのでしょうか。画面の中の世界の捉え方、現在のオンスクリーンメディアの流れのなかで感じていることなどを通じて、中村さんの「クラフツマンシップ」が垣間見える、そんな講義になりました。2018年2月6日(火)に行われた、授業の様子をお届けします。

インタビューを読む >

2018.02.28

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07「六本木未来大学」第16回「中村勇吾さん、 デジタル世代のクラフツマンシップって何ですか?」講義レポート【前編】

Webやスマートフォンアプリ、映像など、オンスクリーンメディアで幅広くデザイン、ディレクションを手掛けるthaの中村勇吾さん。常に期待と驚きを与え続ける、そのクリエイティブは、どんな思考、思想から生まれているのでしょうか。画面の中の世界の捉え方、現在のオンスクリーンメディアの流れのなかで感じていることなどを通じて、中村さんの「クラフツマンシップ」が垣間見える、そんな講義になりました。2018年2月6日(火)に行われた、授業の様子をお届けします。

インタビューを読む >

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13