NEWS

2019.01.25

【展覧会レポート】東京ミッドタウン・デザインハブ特別展「-クラフトNEXT-第58回日本クラフト展」

東京ミッドタウン・デザインハブでは1月14日(月・祝)まで、国内最大のクラフトの展覧会である「-クラフトNEXT-第58回日本クラフト展」が開催されました。今年はどんな作品が注目を集めたのでしょうか?

ブログを読む >

2019.01.23

クリエイターインタビュー No.100 尾崎マリサ /(スプツニ子!) 東京大学生産技術研究所特任准教授 / (アーティスト)前編

「理系女子アーティスト」として注目を集め、「スプツニ子!」の名で発表した作品が常に話題を呼んできた現代美術家、尾崎マリサさん。現在は東京大学生産技術研究所の特任准教授も務め、2018年12月に国立新美術館で行われていた東京大学生産技術研究所70周年記念展示『もしかする未来 工学×デザイン』でも新作を発表しました。テクノロジーがもたらす未来への展望から、六本木に求めること、そして尾崎さんが目指す"女性が生きやすい世界"への思いまで。会場に訪ねて聞きました。

インタビューを読む >

2019.01.18

【デザイン&アートの本棚】no.093津森千里さん選『TSUMORI CHISATO』

六本木未来会議に登場してくれたクリエイターのみなさまが「クリエイションのスイッチを押してくれる一冊」として推薦してくれた本を紹介していきます(紹介する本の一部は2014年に開催した「森の学校」の図書室と、2015年に開催した「六本木ブックフェス」、2016年に開催した「六本木未来会議BOOKキャラバン」でも展示したものです)。今回は、津森千里さんが選んだ『TSUMORI CHISATO』(Rizzoli)。

ブログを読む >

2019.01.16

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07「六本木未来大学」第20回「原研哉さん、原研哉のクリエイティブディレクションって何ですか?」講義レポート【後編】

無印良品や蔦屋書店、GINZA SIXなど、有名企業や商業施設のビジュアルや広告、プロダクト、VIを手がける、原研哉さん。日本を代表するデザイナーのクリエイティブディレクションの背景には、「仮想と構想」がありました。2018年12月7日(金)に行われた、講義の様子をお届けします。

レポートを読む >

2019.01.16

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#07「六本木未来大学」第20回「原研哉さん、原研哉のクリエイティブディレクションって何ですか?」講義レポート【前編】

無印良品や蔦屋書店、GINZA SIXなど、有名企業や商業施設のビジュアルや広告、プロダクト、VIを手がける、原研哉さん。日本を代表するデザイナーのクリエイティブディレクションの背景には、「仮想と構想」がありました。2018年12月7日(金)に行われた、講義の様子をお届けします。

レポートを読む >

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11