NEWS

2018.11.30

【展覧会レポート】PERROTIN東京「Djinns,things,places」

現在PERROTIN東京では、インドを拠点に活動するアーティストであるバールティ・ケール氏の日本で初めての個展が行われています。本展の作品に通じるテーマは、"場所"と"空間"です。

ブログを読む >

2018.11.28

クリエイターインタビュー No.99 津森千里(ファッションデザイナー)後編

かわいいのに、凛としていて個性的。女性に圧倒的な人気を誇るファッションブランド「TSUMORI CHISATO」は、「ガーリィでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイスト」を提案することをコンセプトに掲げています。津森千里さんのつくる服は、なぜ着る人をハッピーにするのでしょう。ブランドの立ち上げから29年を迎えた津森さんに、洋服づくりのこだわりや、アイデアの源となっているもの、そして人や街をハッピーにするヒントをうかがいました。

インタビューを読む >

2018.11.26

【展覧会レポート】TOTOギャラリー・間「田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research」

現在、TOTOギャラリー・間(ま)では、フランスを拠点に世界各地で活躍する建築家・田根剛の展覧会が開催されています。本展では、国内外の注目が高まっている田根氏の探求と実践のプロセスが、総合的に提示されています。展覧会開催に先駆けて行われた内覧会での様子をレポートします。

ブログを読む >

2018.11.23

【デザイン&アートの本棚】no.092 林登志也(we+)さん選『Mad Science 炎と煙と轟音の科学実験54』

六本木未来会議に登場してくれたクリエイターのみなさまが「クリエイションのスイッチを押してくれる一冊」として推薦してくれた本を紹介していきます(紹介する本の一部は2014年に開催した「森の学校」の図書室と、2015年に開催した「六本木ブックフェス」、2016年に開催した「六本木未来会議BOOKキャラバン」でも展示したものです)。今回は、林登志也(we+)さんが選んだ『Mad Science 炎と煙と轟音の科学実験54』(著・セオドア・グレイ/オイラリージャパン)。

ブログを読む >

2018.11.21

クリエイターインタビュー No.99 津森千里(ファッションデザイナー)前編

かわいいのに、凛としていて個性的。女性に圧倒的な人気を誇るファッションブランド「TSUMORI CHISATO」は、「ガーリィでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイスト」を提案することをコンセプトに掲げています。津森千里さんのつくる服は、なぜ着る人をハッピーにするのでしょう。ブランドの立ち上げから29年を迎えた津森さんに、洋服づくりのこだわりや、アイデアの源となっているもの、そして人や街をハッピーにするヒントをうかがいました。

インタビューを読む >

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11