83 西野達(アーティスト)後編

int_83_main04.jpg

アートで街を再生するコロンビアの取り組みに感動。

フェルナンド・ボテロ int_83_sub09.jpg

1932年生まれコロンビア出身の彫刻家。スペイン・マドリッドの学校で学んだのち、イタリアでフレスコ技術を習得。以降、アメリカに拠点を移し画家として活躍する中、ふくよかなモナ・リザを描いた『12歳のモナ・リザ』が話題に。その後、パリに移って彫刻家としての活動も始め、丸々と肥大する人物や動物をモチーフにした独創的な作品で有名となる。

 そういえば、街とアートについてすごく感動した話があるんだ。1980年代90年代は殺人率が世界でもっとも高かったコロンビアのメデジンという都市があって、その原因であるメデジン・カルテルという麻薬密売組織のボスが殺された1993年以降治安もよくなったけど、まだまだ日本じゃ考えられない状況が見られる街なんだ。道端の土管に人が住んでいたり、日本でいう小・中学生くらいの女の子が街角で娼婦として立っていたり。

街を立て直すためメデジン市が取った策は"アートで街を再生しよう"っていうことだった。荒んだ民衆のために公園で無料のコンサートを開催したり、美術館の入場料をただにしたりということをやり始めたんだ。

世界的に有名な彫刻家のフェルナンド・ボテロもメデジン出身で。彼も故郷を再生したいという思いで、自分の作品をたくさん寄付しているんだよね。それも、ひとつやふたつじゃない。高さ5mくらいある何億円もするような作品が街中のいたるところに置かれている。そのボテロの懐の深さにも、アートで再生しようという街の取り組みにも、実際に再生し始めていることにも感動したな。世界で一番好きな街を聞かれると、常にこの街をあげるぐらい気に入ってるんだ。

自由でおもしろいアートが街を活性化し、豊かにする。

 東京でも、自治体が「アートで東京盛り上げたい!」と予算をつぎ込んで、トリエンナーレみたいなことをやれるといいんだけどね。そんなにむずかしいことではないはず。いま、政治家を見ると60、70歳の人ばかりでしょ? 最近は日本の将来が俺にとっての大きな関心事の一つなんだけど、これから税金を払って日本国に貢献する若者を支援しないでどうするのっていう感じだね。

良い作品を見せることで人々の想像力が拡張してゆき、規制に縛られない柔軟な考えができるようになっていく。そうすれば、世界でいちばん厳しいと言われる日本の規制も少しずつ緩和されていく。世界を回って強く思ったこと、それは世界で一番アートが必要な国は日本だということ。アートは古い価値観をぶっ壊しながら新しい価値観を立ち上げていく作業だから、アートはまさに今の日本にもっとも必要なものと言えるね。

取材を終えて......
とにかくパワフルでフランクな西野さんの人柄に、編集部スタッフも魅了されてしまった今回の取材。撮影は、21_21 DESIGN SIGHTで展示中のご自身の作品『カプセルホテル21』の中で。実は、このインスタレーション空間に滞在できるイベントに、編集部スタッフも参加したのですが、その感想を西野さんから逆インタビューされる場面も。本イベントは数回行われる予定なので、ぜひ21_21 DESIGN SIGHTのホームページでチェックを! (edit_akiko miyaura)

前編はこちら



【information】
int_83_sub_flyer.jpg
西野 達 ホテル裸島 リゾート・オブ・メモリー
会期:2017年10月7日~12月5日 
会場:津奈木町内(旧赤崎小学校付近・津奈木町役場付近)
問い合わせ先:つなぎ美術館 0996-61-2222
特設webサイト:http://tatzu-hadaka.asia

西野 達 in BEPPU
会期:2017年10月28日~12月24日 
会場:別府市内各所
問い合わせ先:混浴温泉世界実行委員会事務局<NPO法人 BEPPU PROJECT> 0997-22-356
「in BEPPU」webサイト:http://inbeppu.com/

西野達
1960年、名古屋市生まれ。武蔵野美術大学を修了後、1987年ドイツのミュンスター芸術アカデミーで彫刻を学び、1997年から主にヨーロッパで活動。都市を舞台とした、人々を多く巻き込む大胆で冒険的なプロジェクトで知られる。現在ではベルリンと東京を拠点に活動。 2011年の「シンガポール ビエンナーレ」でのマーライオンを取り込んでホテルを建設した「The Merlion Hotel」、2012年ニューヨークのプロジェクト「Discovering Columbus」(Public Art Fund)、2014年のロシアのエルミタージュ美術館内のインスタレーション「So I only want to love yours」(Manifesta10)など。日本では2005年「横浜トリエンナーレ」、2006年銀座エルメスでの「天上のシェリー」、2010年「あいちトリエンナーレ」など。
西野達公式HP http://www.tatzunishi.net/