74 ピーター・バラカン(ブロードキャスター)後編

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

1974年に来日、音楽業界をへて、DJやブロードキャスターとして活躍。ラジオ番組や著作、音楽イヴェントなどを通じて、良質な音楽を届け続けるピーター・バラカンさん。かつて六本木で働き、現在も毎週のようにこの街を訪れるというバラカンさんに、六本木の今と昔、さらに音楽とメディアの未来についてうかがいました。

前編はこちら

update_2016.12.14 / photo_tsukao / text_kentaro inoue

音楽を「人と一緒に」聴くことが気持ちいい。

 僕はときどき、DJイヴェントというか、ほとんどラジオ番組を人前でやるようなイヴェント(A Taste of Music)をするんですが、不思議と人が来てくれるんですね。なぜ集まってくれるかというと、おそらくいい音楽をいいオーディオ装置で「人と一緒に」聴くことが気持ちいいんじゃないかな、と思っています。

 ひとりでぽつんとコンピューターに向かって楽しむこともできるけど、それだけだと満足できないときがある。もっと人と共有したい、これはたぶん人間の本能的なもの。

 CDが売れなくなって、配信に移行していくというのは世界的な流れで、日本でも間違いなくそうなっていくでしょう。今の世の中の理にかなっているし、現実を嘆いても仕方ないから、それはそれでいいと思います。ただ、なんでもコンピューターの画面で済ませてしまうのはちょっとつまらない。

アナログレコードやアルバムが新しいという感覚。

A Taste of Music
時間をかけてチューニングされたハイエンド・オーディオで、バラカン氏おすすめの音楽が楽しめるDJイヴェント。ウェブマガジン「A Taste of Music」のイヴェント版として定期的に開催され、多くの音楽ファンが集まる。
http://www.a-taste-of-music.jp/

 音楽の聴き方も変わりましたよね。たとえば、昔はアルバム単位だったのが、今は曲単位。媒体がLPからCDに変わった時点で、アルバムとしての価値は崩れはじめたと僕は思うんですよ。LPは、A面B面がそれぞれ20分くらい。そもそも、人間の集中力はちょうどそのくらいが妥当なんじゃないか、とも感じるし。

 片面20分を構成することは、まだやりやすいんですが、CDのように1時間を構成することってけっこう難しいんです。しかもCDの場合、この曲はいいやと思ったら簡単に飛ばせる。すると、構成することに果たして意味があるのか、という話になってしまう。もうCDが登場してから三十数年もたっているから、アルバムとして聞かないというのは仕方のない結果かな、という気がします。

 一方で最近、アナログレコードの人気が復活していますよね。もしかして、そういうものを聞いたことのない世代の人たちにとっては、レコード、あるいはアルバムという形で音楽を聞くのが新しいと感じるのかもしれません。

非日常的が味わえる"カルチャーセンター"をつくりたい。

 さっき話したようなバーとレストラン、そしてライヴ・ハウス、プラス映画館。それらがひとつの施設に入ったカルチャー・センターのような施設がもしあったら、面白いような気がします。ライヴにしても映画にしても、意識的に非日常的な要素に触れることが大事なんじゃないかな、と。

 僕が大学時代によく通っていた、ロンドンにある「ナショナル・フィルム・シアター」という施設では、いろんな時代の映画がいつもかかっていました。会員制だけど、すごく会費が安くて。京橋の「フィルムセンター」(東京国立近代美術館 フィルムセンター)が似ているけれど、あれはまさしく国がやってるから、ちょっとお堅い。

 Netflixみたいなものもいいけれど、映画ってやっぱり暗闇の中でそれなりに大きい画面で見て、音もよくて、他の人と一緒に体験してこそ心に残ると思うんですね。そういう施設があったら、ライヴと映画で共通のテーマを持った特集企画を組んだり、いろんな可能性が広がっていく。それを六本木のような都心でやることに意味はあると思います。