INFORMATION

INFORMATION
クロード・モネ 《睡蓮の池、夕暮れ》 1916/22年 Photo Dominic Büttner
2014.09.25 Thu - 2014.12.15 Mon

チューリヒ美術館展 ―印象派からシュルレアリスムまで

スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館のコレクションを、日本で初めてまとめて紹介します。出品されるのは幅6メートルにおよぶモネの大作やシャガールの代表作6点に加え、ホドラーやクレーといったスイスを代表する作家の珠玉の絵画、さらにはマティス、ピカソ、ミロといった20世紀美術の巨匠の作品など、これまでなかなか来日の実現しなかった印象派からシュルレアリスムまでの傑作74点。スケッチや習作がない、まさに「すべてが代表作」といえるラインアップです。

世界的な金融都市でもあるチューリヒの富と、スイスの人々の美への慧眼を象徴するようなチューリヒ美術館展は、日本とスイスの国交樹立150年を記念する展覧会でもあります。この秋、必見の展覧会です。

会期
2014年9月25日(木)~12月15日(月)

開館時間
10:00~18:00(金曜日は20:00まで)

休館日
毎週火曜日 ただし、10月14日(火)は開館

入場料
一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料

お問い合わせ先
ハローダイヤル
TEL. 03-5777-8600

オフィシャルサイトで詳細を見る >

< 一覧に戻る