クリエイタープロフィール

1971年静岡県生まれ。早稲田大学卒業。 テクノロジーとストーリーテリングの融合を追求するクリエイティブラボ「PARTY」のCEO。 これまでにNike、Google、SONY、無印良品など企業のクリエイティブディレクションを手がける。 2016年、Fast Company誌が選ぶ世界の「The Most Creative People in Business 1000」に選ばれる。 最近の作品に、成田空港第3ターミナルの空間デザインやサンスターのハミガキIoT「G・U・M PLAY」などがある。 文化庁メディア芸術祭優秀賞、グッドデザイン賞金賞、カンヌ・ライオンズ金賞など、国内外の200以上に及ぶデザイン賞・広告賞を受賞。作品集に「PARTY」(ggg books)など。経済産業省「クールジャパン官民有識者会議」メンバー(2011、2012)。NYの国際デザイン・広告賞ONESHOWの国際ボードメンバー。京都造形芸術大学情報デザイン学科教授。

Born in Shizuoka Prefecture in 1971. Graduated from Waseda University. CEO of the creative lab 'PARTY', that pursues the fusion of technology and storytelling. Has done the creative direction for Nike, Google, SONY, Muji etc. Selected for 'The Most Creative People in Business 1000' by Fast Company in 2016. Recently worked for the space design of the Terminal 3 of Narita Airport and Io T electric toothbrush 'G・U・M PLAY ' by Sunstar. He has won more than 200 national and international awards including Japan Media Arts Festival Excellence Award, Good Design Gold Award and Canne Lions Gold Award. Publication: 'PARTY' (ggg books), etc. Member of Cool Japan Initiative by MITI (2011, 2012). International Board Member of ONESHOW (An international design and advertisement award in NY). Professer, Department of Design, Kyoto University of Art and Design.

最新記事を見る

WORKS 代表作品

成田国際空港第3ターミナル(2015)
OMOTE 3D SHASHIN KAN(2012)
NIKE MUSIC SHOE(2010)
相模ゴム工業「LOVE DISTANCE」(2009)
G・U・M PLAY(2016)
Miraikanノート(2016)

INTERVIEW

RELATED ARTICLE