クリエイタープロフィール

アーティスト、研究者、開発者。2001年ロンドンのセントラル・セント・マーチンズ卒業、2003年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修了。2004年ゲオアグ・トレメルとアーティスティック・リサーチ・フレームワーク「bcl」を結成。以後、特にバイオテクノロジーの発展が与える社会へのインパクトや、水環境問題について焦点を当てている。また、それらにクリティカルに介し、閉ざされたテクノロジーを人々に開いていくことをミッションとしている。

Artist, researcher and developer. Graduated in 2001 from Central Saint Martins in London, and finished a course at the Royal College of Art in 2003. In 2004, formed "BCL", an artistic research framework, with Georg Tremmel. Her interest is in the impact of biotechnological development on society and in water environment issues. Fukuhara says it is her mission to "critically intervene" in these issues and to make closed technology available to the public.

最新記事を見る

WORKS 代表作品

Biopresence2055
photo by 木奥恵三
Biopresence
photo by BCL
BioClub (Founder)

INTERVIEW