クリエイタープロフィール

クライン ダイサム アーキテクツは建築、インテリア、公共施設といった複数の分野のデザインを手掛けるマルチリンガルオフィスである。RCAを修了したアストリッド・クラインとマーク・ダイサムにより1991年に東京に設立。国際的評価も高く、Design for Asia、World Architecture Festival、Wallpaper Design Awardなど受賞多数。クライアントリストにはグーグル、ツタヤ、ソニー、ナイキ、資生堂等が並ぶ。
インスピレーションとクリエイティヴなエネルギーに溢れる街、東京を拠点とするKDaの斬新なアイデアと作品は、日本特有の新しいものに対する渇望やものづくりにおける素材とディティールに対する高い感性、そして絶えず変化する都市の生活環境に影響を受けながら形成されている。
東洋と西洋のそれぞれ優れたところを取り入れることにより、KDaは新鮮な視点で独特のプロジェクトを創造し続けている。
アストリッド・クラインとマーク・ダイサムは20秒 x 20枚のプレゼンテーションで知られるPechaKucha Nightの考案者であり、東京・西麻布のアートスペース、スーパーデラックスの共同設立者でもある。2014年現在、PechaKucha Nightは世界750以上の都市で開催されるプロジェクトとなっている。

Klein Dytham architecture (KDa) is a multilingual design firm undertaking designs of architecture, interiors, and public facilities. Set up in Tokyo in 1991 by Royal College of Art graduates Astrid Klein and Mark Dytham, the firm has gained a high international reputation. Among the numerous awards it has received are the Grand Award at the Design for Asia Awards, the World's Best Shopping Centre Award at the World Architecture Festival (WAF) Awards, and the Wallpaper Magazine Design Award for Best Bookshop. Its clients include firms such as Google, Tsutaya, Sony, Nike and Shiseido.
KDa's innovative ideas and works are inspired by the creative energy of Tokyo and the city's constantly changing environment. Another source of inspiration is the Japanese keenness for new things, and their sensitivity toward materials and details. Incorporating the best of East and West, the firm brings a fresh and unique perspective to projects.
Astrid Klein and Mark Dytham are also co-founders of SuperDeluxe, an art space in Tokyo's Nishi-Azabu where the PechaKucha Night events began. They thought up the presentation format for showing 20 images and talking for 20 seconds per image. PechaKucha Night has become a worldwide project and is currently held in more than 730 cities.

最新記事を見る

WORKS 代表作品

代官山蔦屋書店
© Nacάsa & Partners Inc.

INTERVIEW